ストーリー


 帝都ザーフィアスの下町で気ままに暮らすユーリ。
 ある日、その下町で住民の生活を支える
 水道魔導器(アクエブラスティア)が暴走を起こす。

 ユーリは相棒で犬のラピードと共に、修理を請け負ったという人物を追うが、
 騎士団に邪魔されて逃げられたばかりか、投獄されてしまう。

 脱獄に成功したユーリは、城内をさまよううち
 騎士に追われる少女エステリーゼに遭遇、
 彼女が親友フレンの名を口にしたことから、咄嗟に助けてしまう。
 フレンに会いたいという彼女をユーリは部屋まで連れて行くが――