学術閉鎖都市アスピオ


 イリキア北部に広がるアステフィルスの環状連峰、その麓に築かれた地下都市。

 魔導士と呼ばれる大勢の研究者が膨大な書物に囲まれて、
 昼夜の別なく研究に没頭しながら暮らしている。

 その昔、地下に多数の魔導器が埋まっているのが発見され、
 その発掘と研究のために施設が設営された。

 それが次第に発展し、やがて帝国隋一の魔導器研究の地となった。
 その性質上、帝国によって厳しく管理され、許可証がなければ出入りもままならない。
 そのため、周辺の街でもあまりこの街のことは知られていない。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!