プロローグ


 魔導産業革命――。

 世界に突如として新たなエネルギーが満ち始めたのは、
 30年前のことだった。

 それを人々は『魔導力』と呼んだ。

 元来は万物に宿る微小な力にすぎなかった『魔導力』が、
 なぜこんなにも強く膨れあがってしまったのか――。

 誰も知る者はいないまま、
 『魔導力』は人々のあらゆる生活に変革をもたらし、
 産業の形態を変え、戦争の形態さえも変えていった。

 ウーラ軍とカント軍――。

 剣と剣の戦いに飽きたらず、
 『魔導兵器』までもが投入されたこの戦争は、
 ここウォール高原でまさに最終決戦を迎えていた。

 両軍が雌雄を決せんとする戦場に現れるひとりの兵士。

 “不死身の男”と噂される、
 ウーラ軍少尉――カイム・アラゴナー。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!