【衝動篇_STORY】[第三章]アリス&スノウホワイト

シナリオのネタバレになります。
ネタバレ嫌な人はブラウザバック推奨!


【衝動篇_STORY】[第三章]アリス&スノウホワイト

story_header.png

Alice.png Snow_White.png

PART 3-1:
戦いが舞う不毛な空間、ライブラリ。
自分以外の全てが化物であると思ってたその場所で、少女達は邂逅する。
生を束縛されるアリス。
正義に囚われるスノウ。
彼女達は出会った瞬間に理解した。
お互いの思想が相容れない事を。
そして……作者を復活させる為には、目の前にいる少女を殺さねばならない事も。
個人的な動機だけで、作者に復活して欲しい……
そんな身勝手な理屈で他者の命を奪うとは……
貴方には判らない。
その身勝手な「正義」に囚われている、貴方には。
……人は、正しくなければならない。
私には、関係ない。
PART 3-2:
貴女は振りかざす正義が、皆の正義とは限らない。
PART 3-3:
全体が個に奉仕し、個が全体に奉仕する。
それこそが為すべき正義の世界だ。
PART 3-4:
この世界は間違ってる。
貴女も、この私も。
PART 3-5:
世界が間違っているなら、正義を以て正すべきだ。
たとえそれが、茨の道でも。
PART 3-6:
私は私の信じた人を救う。
それが、私にとっての正義だ。
他の人には決定させない。
PART 3-7:
……私が自分の正義を疑う事はない。なぜなら、それが、私の全てだからだ。
PART 3-8:
私は弱い。だから、正義が眩しく見えるのかもしれない。
PART 3-9:
大きな正義を為す為に……私は、この手を汚す覚悟はあるのか?
PART 3-10:
「貴方のような身勝手な理由で生きる事は許されない。けれど、この世界には倒さねばならない、さらなる巨悪が存在している」
苦々しく呟くスノウ。アリスは言う。
「私も貴方のような偽善者と一緒にされたくない。だけれど、目的の為に手段を選んでる余裕は、ない」
二人はお互いの背中を合わせ、ナイトメア達の群れに斬り込んでいった。
他人と一緒に戦うのも……悪くはない。
ふっ……ふふふっ
……何がおかしいの?
何かを信じている筈なのにいつも不安でたまらない。
私達は似ているのかもしれないな……
……私は、戦うだけ。
END:
最後の一撃。
適の断末魔が細く高く伸びてゆく。
それはまるで人間の歌のようだった。
戦いを終えたスノウは目を細めて呟く。
「もう私達は闇に引きずり込まれつつあるんだ……」
その言葉の意味をアリスは噛みしめるように理解していた。
二人は別の道を進む。
お互いの目を合わせる事もなく。
別れの挨拶もなく。


コメント

古い順

新しい順


現在コメントはありません。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!