【衝動篇_STORY】[第三章]グレーテル

シナリオのネタバレになります。
ネタバレ嫌な人はブラウザバック推奨!


【衝動篇_STORY】[第三章]グレーテル

story_header.png
Gretel.png
PART 3-1:
ふらふら歩く、夜の森。
ガサゴソ聴こえる茂みの音。
ねえ、兄様。怖いです。
私に何かお話をして?
……ふふふ、そんなの嘘でしょう?
兄様ったら冗談ばかり。
幸せそうな笑みを浮かべて、少女は1人でお喋りをする。
闇に覆われたのは道の方?
それとも、少女の心でしょうか?
それは本人さえも、わからない。
暗く深い迷いの森。
ねえ兄様、今度は何を作りましょうか?
甘いクッキー?
それともマフィン?
ああでも食べ過ぎは駄目ですよ?
だって魔女に見つかってしまうから。
ズット1人で話してるネー。
キモい!キモいヨー!
PART 3-2:
兄様の歌がとても好き。
なのに、どんな声だか思い出せなくなるのです。
PART 3-3:
兄様の柔らかな手が好き。
だけど、あたたかさが思い出せないのです。
PART 3-4:
兄様の優しい瞳が好き。
けれど、その色が思い出せないのです。
PART 3-5:
兄様の早い足が好き。
でも、今は競争できないですね。
PART 3-6:
兄様の腕が好き。
それなのに、抱きしめられた時の強さを忘れてしまったの。
PART 3-7:
ねえ兄様。
私達、いつから手を繋ぐのをやめたのかしら?
PART 3-8:
ねえ兄様。
私達、いつから話すのをやめたのかしら?
PART 3-9:
ねえ兄様。答えて兄様。
私を1人にしないでください、どうかお願いですから。
PART 3-10:
何度も目をこすっては、目の前の光景に目を見張る。
だってそこにあるのは愛しい愛しい兄様の姿。
手を繋いで夜の森。
お菓子の家で魔女に会い。
命からがら抜け出して。
そして、この手で―
愛しいきょうだいの名を呼びながら少女は歓喜の涙を流した。
兄様……そこにいらしたのですね!
違うよ、あれはナイトメア。
モウ1人の自分。
だけどナイトメア!
ああ、兄様。早く私を抱きしめて!
あ、駄目だコリャ。
全く話ヲ聞いてナイ。
だって現実ヲ見てないモン!
END:
その白い腹を引き裂き頬ずりして、ああ愛しき人よと咽び泣く。
それは闇に染まった自分だと、何度言われても理解しない。
その虚ろな瞳に映るのは、病的なまでに愛したきょうだいの姿。
……あの時私は何を間違った?
涙ながらに口づけた彼女は、お菓子のように甘かった。


コメント

古い順

新しい順


現在コメントはありません。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!