【衝動篇_STORY】[第三章]ピノキオ

シナリオのネタバレになります。
ネタバレ嫌な人はブラウザバック推奨!


【衝動篇_STORY】[第三章]ピノキオ

story_header.png
Pinocchio.png
PART 3-1:
ピノキオは探す。
自分の意志を任せられる存在を。
ピノキオは探す。
自分の操る糸の持ち主を。
かぐや姫は駄目だった。
では、今は誰に頼ればいいのだろう?
その時、手にした武器が唸りを上げた。
オレダ、オレヲ頼レとがなり立てる奇妙な武器。
大層品がないなと思いながらも、ピノキオは意志を預ける事にした。
そうヤッテ、いつも誰かに頼っテル。
自分の意志は無いノデス?
意志なんて……僕は元々人形だし。
それはお話の中デノ事デショウ?
今は違ウ!
今は自由!
自由なんていらないのになぁ……
PART 3-2:
オレに任セテオケバイイ。
好キ放題二ブチ殺シ、作者ヲ蘇ラセテヤル。
ダカラ、オマエハ黙ッテ見テナ?
PART 3-3:
杖は勝手に適を打ち倒す。
振るっているのは僕だけど、僕の意志はそこにない。
それはとても楽で―安心できた。
PART 3-4:
ゲハハハハッ!
ナイトメア皆殺シダ!
ドンナニ泣イテモ足掻イテモ、無駄ダト思イ知ルガイイ!
PART 3-5:
いくら適とはいえ、殺し方が酷過ぎる。
けれど、杖に任せているのは自分。
文句を言うのは筋違いだろう。
PART 3-6:
1人目ノ頭ヲ砕ク。
2人目ノ胴ヲ切リ落ス。
3人目ハ首ヲ斬ル。
4人目ハ、サアドウシヨウ?
PART 3-7:
楽しそうに適を倒していく杖けれど、武器を振るうのは私だから、少しだけ気が滅入る。
殺した感覚が、手に残るから。
PART 3-8:
ソウダ。殺シテイルノハオマエ。
俺に任セテ、殺スノヲ選択シタノハオマエダ。
逃ゲテンジャネエヨ、クソ野郎?
PART 3-9:
僕は倒していない。
殺しているのは武器だから。
それは僕の責任じゃないから。
僕は逃げたりしていない。
PART 3-10:
ピノキオは、早く作者に復活してもらいたかった。
そうすれば、この野蛮な杖に頼る事もなく、作者のペンに全てを委ねるだけだから。
そうすれば―
こんな恐ろしい適とは戦わなくて済むのだから!
ド、ドラゴン!?
物語の世界デハお決まりデスヨ?
僕の話には出て来ないよ!?
残念。今ハ君のお話じゃないカラネエ。
せめてサメなら何とかなるのに!
END:
何とかドラゴンを倒したピノキオは、手にした杖に感謝を告げる。
君の事は嫌いだけれど、君がいないと何にも出来ない。
そんなピノキオの情けない性格を嘲笑い、杖はガハハと下品に鳴いた。
とてもとても下劣な僕の杖。
けれど、どうしても手放せない。
だって僕は1人で決めるのが怖いんだ……


コメント

古い順

新しい順


現在コメントはありません。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!