【衝動篇_STORY】[第二章]かぐや姫&ピノキオ

シナリオのネタバレになります。
ネタバレ嫌な人はブラウザバック推奨!


【衝動篇_STORY】[第二章]かぐや姫&ピノキオ

story_header.png

Kaguyahime.png Pinocchio.png

PART 2-1:
空を見つめるかぐや姫の前に素敵な若者が現れました。
私を虐めてみてくださいな?
と願うかぐや姫に、ピノキオは顔を赤らめてうろたえます。
僕は作者を復活させようかと。
まあまあ、実は私もそうなのです。
目的の一致を見た2人は、とりあえず、一緒に行動する事にしました。
かぐやと申します。
お願いしますわね。
あ……僕はピノキオ、です。
あの、まずはどこに行きましょう?
ええと、かぐやさんに決めていただければ。
私は命令される方が好きなのですが……
僕は誰かに決めて貰う方が楽なんですが……
PART 2-2:
ピノキオという殿方はとても見目は良いけれど、何だかとても頼りない……
PART 2-3:
かぐやさんはとても美しい人だけれど、引っ込み思案で困ります。
PART 2-4:
私は命令されたいのです。
その為に、強い人を求めているのです。
PART 2-5:
僕は、誰かに決めて貰いたいんです。
その為に、強い人を求めているのです。
PART 2-6:
ピノキオさんは強いけれど、私が求めるご主人様には程遠い。
PART 2-7:
かぐやさんは強いけれど、私が求める対象には程遠い。
PART 2-8:
ピノキオさんと私は桶。
水を入れられるのを待つだけの桶。
PART 2-9:
かぐやさんと僕は皿。
料理を盛られるのを待つだけの皿。
PART 2-10:
ピノキオさんが決めてください。
いいえ、かぐやさんが。
ここはどうしましょう?
あっちはどうしよう?
被虐の姫と、依存の人形。
お互い意見を言わないのだから、足が進むはずなどありません。
だから、ほら。
強そうなナイトメアが現れても、二人は譲り合ったままで動きません。
早く誰かが決めないと殺されてしまうというのに。
た、戦いますか?かぐやさん。
戦った方がよろしいのなら、戦います。
僕は、かぐやさんが戦うなら……
私は、ピノキオさんが決めるのなら……
じめじめグチグチ、アーッ、ウザい!
2人でサッサと戦えバーカッ!
END:
かぐや姫とピノキオは力を合わせて強い適を倒しました。
けれども2人は視線を外し、よそよそしく離れます。
被虐と依存。
受身の2人。
一緒にいても全く無意味。
きっと最初から気付いていたのでしょう?
ご武運を。
幸運を。
2人は短く会話を交わし、互いの求めるモノを探しに行きました。


コメント

古い順

新しい順


現在コメントはありません。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!