【衝動篇_STORY】[第四章]いばら姫

シナリオのネタバレになります。
ネタバレ嫌な人はブラウザバック推奨!


【衝動篇_STORY】[第四章]いばら姫

story_header.png
Ibarahime.png
PART 4-1:
やっと1人になれたいばら姫。
求めた静寂に安堵して、眠りの準備を進めます。
けれど、何故だか眠れない。
小さな違和感が眠らせない。
いばら姫は仕方なく、違和感の正体を探しに行きました。
眠らナイノ?
眠ってイインダヨ?
……今は、いい。
ドウシテ?
眠ろうヨー。
……何だかいや~な予感がする……
PART 4-2:
いつもなら、すぐに眠るのに。
何だか嫌な夢を見そうな気がしたの。
PART 4-3:
楽しい夢は大好きだけど、怖い夢は大嫌い。
PART 4-4:
眠くて眠くて仕方ない。
けれど、今眠ったら闇が来る。
PART 4-5:
闇は夢の中にも入り込み、きっと怖い世界に変えてしまう。
PART 4-6:
怖い夢を見そうな時は誰かに傍にいてほしい。
PART 4-7:
……ああ、眠りたいのに眠れない。
誰か私に安眠を。
PART 4-8:
……眠りたいのに……
眠りたくない……なんて……
PART 4-9:
……私は今、寝ているの?
それとも起きているのかな?
夢と現実がわからない。
PART 4-10:
すやすやと寝息がきこえます。
目の前に、とても幸せそうに眠る人。
いばら姫は羨ましくなって、自分も眠ろうと目を閉じます。
……でも待って?
どうしてその子は私に似ているの?
すやすや、すやすやいばら姫。
それは、小さな違和感の正体。
いるはずのないもう1人のいばら姫。
スゴイ。ナイトメアになっても眠るんダ。
ブレない姿勢に痺レル憧レル!
……え?
これ、私なの?
叩き起こしてミレバワカル事!
ヒドーイ。眠り姫ガ眠り邪魔スルヨ!
END:
いばら姫といばら姫。
眠る事が大好きで、寝起きが悪いのも全く同じ。
ああ、これは自分なのだといばら姫は自覚する。
取り巻く闇に捕らわれれば、自分もナイトメアになるのだと。
だがしかし、その恐怖に怯える前に―
……おやすみなさい。
小さな欠伸を一つして。
いばら姫はすやすやと眠りだした。


コメント

古い順

新しい順


現在コメントはありません。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!