【衝動篇_STORY】[第四章]アリス

シナリオのネタバレになります。
ネタバレ嫌な人はブラウザバック推奨!


【衝動篇_STORY】[第四章]アリス

story_header.png
Alice.png
PART 4-1:
スノウと別れたアリスは、適を求めてライブラリ世界の中を彷徨く。
ここは巨大な森。
それぞれのキャラクター達が持ち寄った様々世界観が融合した奇妙な場所。
巨木の蔭からナイトメアが現れる。
自我を失った虚ろな目。
奴らは乾いた喉を潤したいかのように、他者の命を求める。
アリスは剣を抜く。
殺した数を数えるのは、とっくの昔にやめていた。
貴女ノ使命はナイトメアを抹殺スル事。
全てのナイトメアを葬り去るコト。
ソウスレバ、貴方の願いは叶いマスデス。
シカシ、ナイトメアの数は膨大……
構わない。
戦い続けていれば、自分を疑わずに済むから。
PART 4-2:
物語の中に生み出された頃。
私は幸せだった。
外の世界がどうなってるかなんて知らなかった。
PART 4-3:
今見えてるこの世界は本当に、世界の全てか?
PART 4-4:
世界はこんなに美しいのに、どうして酷い私が存在するのだろう。
PART 4-5:
祈れ 願え 戦え 殺せ
PART 4-6:
貴方の生きている意味は、何?
PART 4-7:
この祈りの結末が、どうなってしまうのか。
本当は怖い。
PART 4-8:
どうして、今、生きているのか
それを想うと怖くなってきて私は考える事を止めた。
PART 4-9:
ナイトメア達の悲鳴が聞こえる。
その音に慣れてしまう自分が怖い。
本当の化物は誰だろう?
PART 4-10:
戦いで傷ついた躰の痛み。
それは私がまだ生きている証。
それは祈りが届いている代償。
その傷をそっと刳ると、燃えるような激痛が全身に走る。
大丈夫、大丈夫、大丈夫……
この痛みさえあれば、私はまだ正気でいられる。
「フフフッ……本当二?」
「本当にマダ、マトモですか?」
“-
マトモ?そんな言葉を聞くとは。
久しぶりに、私は、笑った。
なんだ……この適は?
フフフッ……
これは闇。
ヒヒヒヒッ……
これはナイトメア。
でも、この姿は、まるで……
ハハハハハハ!
アーッハッハッハ!
END:
「躊躇うな!タメラうな!」
「踏み潰セ!壊し尽くせ!」
“-
ギシンとアンキの耳障りな声が響く。
だが……アレは……あの、適は……
「考えルナ!考えルナデス!」
「戦え!戦イマショウ!」
“-
……今は何も考えたくない。
ただ、あの人を復活させる事だけを考えていたい……
いや、それすらも無く、ただ何も感じずに戦う刃になりたい。
そう、思う。


コメント

古い順

新しい順


現在コメントはありません。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!