【衝動篇_STORY】[第四章]スノウホワイト&シンデレラ

シナリオのネタバレになります。
ネタバレ嫌な人はブラウザバック推奨!


【衝動篇_STORY】[第四章]スノウホワイト&シンデレラ

story_header.png

Snow_White.png Cinderella.png

PART 4-1:
純白の正義と黒灰の卑劣。
あまりにも相性は最悪で、笑えるほどに正反対。
スノウの瞳は嫌悪を浮かべ、シンデレラの口元は嘲りに染まる。
許せない。殺したい。
ぐちゃぐちゃにしたい。正したい。
作者の復活のためにその欲望を真綿で包み、二人は視線を交わし合った。
それは決して理解し合うことのない最悪の同盟。
私はこの命を賭して我が主を救う。
へぇ、ずいぶんと安い命だね。
あなたと手を組むのはこれが最初で最後だ。
奇遇だね。
私もそう思ってた。
これ以上一緒にいたら殺し合うもんねぇ?
気が合うな。
PART 4-2:
己の事に終始して、主すら道具とするなど私には考えられない。
あの人は間違っている。
PART 4-3:
独り善がりを押し付けてさぞかし気持ちがいいだろう?
はぁ、偽善に塗れた白いお姫様。
私はアンタを汚したい。
PART 4-4:
あの歪んだ笑顔を正し、その嘲る目元を正し、この罵る舌を正したい。
正しき道を示したい。
PART 4-5:
あの真っ直ぐな瞳を潰し、そのきりっとした口元を歪め、この清廉な顔をぐちゃぐちゃにしたい。
ああ―なんて甘美な愉悦だろう!
PART 4-6:
間違っている者を正すのも正義の務めであるならば、私は彼女の導き手となろう。
PART 4-7:
導き手?
じゃあお願いしようかな。
誠実に、-
裏切られた時のアンタの顔が見たいから!
PART 4-8:
許し難き卑劣。
度し難き歪み。
正義の前に―切り落としたい。
PART 4-9:
アンタのは私怨。そこに正義はない。
だから私を殺したらアンタの正義は死ぬんだよ?
それで良ければ、さあこの首をどうぞ?
PART 4-10:
あぁ限界だ!
そう言ったのはどちらが先?
自分を正しいと信じるお姫様
この世を斜めに見ている灰かぶり
どちらが先かなんて関係ない。
殺し合えればそれでいい!
でもそこに運悪く。
ナイトメアが現れた。
ああ、何て可哀想。
どうして?
倒す理由が八つ当たりだからさ!
今すぐあなたを粛清してやりたい。
違うだろ?ムガツクから殺したい、だろ。
あなたという人はどこまでも!
はいはい。それで?
適はどうするの?
倒すに決まっている!
END:
憐れドラゴン八つ当たり。
八つ裂き、串刺し、滅多刺し!
皮肉にも、スノウのシンデレラの攻撃はとっても息が合っていて。
はたから見れば親友のよう。
だから、スノウはますます嫌悪を募される。
だから、シンデレラはますます愉悦に歪んでいく。
正義と卑劣。
それは決して交わることのない写し鏡の二人の物語。


コメント

古い順

新しい順


現在コメントはありません。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!