【衝動篇_STORY】[第四章]ピノキオ

シナリオのネタバレになります。
ネタバレ嫌な人はブラウザバック推奨!


【衝動篇_STORY】[第四章]ピノキオ

story_header.png
Pinocchio.png
PART 4-1:
操る糸の持ち主を探し、ピノキオは冒険を続ける。
アッチだ、コッチだと、手にした杖が教える道は嘘ばかり。
従うだけのピノキオは、疑いも無く受け入れる。
その様子を見て、杖はゲハハと下品に笑う。
―おや?おかしい。
気のせいか、杖の鼻が伸びている?
鼻が伸びるなら僕だよね?
今の君ハ人間ダカラ。
鼻が伸びたらクリーチャー!
そうだよね。
でも、僕―
いつ、人間になったんだろう?
PART 4-2:
僕は、努力が嫌いです。
僕は、勉強が嫌いです。
楽できそうな話には、呆れるほどすぐに飛びつきます。
PART 4-3:
ある時は、スターになれると言われて見世物小屋に。
でも、そこに掴まって焼き殺されそうになりました。
PART 4-4:
ある時は、遊びに行こうと誘われて海の向こうの遊園地でロバにされ、売り飛ばされそうになりました。
PART 4-5:
僕は本当に考えなしで。
全ては他人の言うなりで。
でもゼペットじいさんは、そんな僕を愛してくれました。
PART 4-6:
……そういえば。
僕はどうして人間になれたのだろう?
PART 4-7:
お馬鹿で間抜けな僕だけど。
あなたが良い子になれば、人間にしてあげると、星の女神は言いました。
PART 4-8:
僕は、いつ良い子になったのだろう?
今の僕は、良い子だろうか?
こんなにも、他人に依存してるのに?
PART 4-9:
もしかして、僕はまだ人間になれない紛い品なのかもしれないな……
PART 4-10:
ピノキオは驚愕した。
元を辿れ自分は人形。
ゼペットじいさんが削り出した木の人形だ。
だから、同じ人形が何体あってもおかしくない。
けれど―
目の前に現れたピノキオはあまりにも全てそっくり過ぎた。
あれは僕……だよね?
ソノ通り!紛れもなくピノッキオ!
だけど、闇に染まったピノッキオ!
そんな……
じゃあ……
僕もいつか、ああなるの?
END:
ガクン、と力が抜けるようにもう1人のピノキオは倒れ伏した。
耳を塞ぎたくなるような暴言を吐きながら、手にした杖が追撃する。
操られるままに、死体に鞭を打ちながらピノキオは1人考える。
ああ、誰か。
この戦いの意味を教えてください。
もう1人の自分は、バラバラに砕け散った。


コメント

古い順

新しい順


現在コメントはありません。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!