ジークドーベル

ジークドーベル

  • ジークドーベルのステータスや入手方法などを記載。

ジークドーベル ジークドーベル
ジークドーベル ジークドーベル

概要

基本情報

帝国軍のドーベルマン型高速戦闘ゾイド。
背部の格闘戦用の切断刃ヘルブレイザーを主兵装とし、高機動ブースターによって機動性にも優れている。
白兵戦では、背部のヘルブレイザーで敵を切り裂く戦術を駆使する。

ゲーム内でのジークドーベル

ファイターの中でも、特に小型処理能力に特化した優秀なザコスイーパー。
専用格闘武装ヘルブレイザーで小型処理を行う特性ゆえ防御力が高く、イヌ科ゾイドの中でも生存性に優れている。

< 他のイヌ科ゾイドとの比較 >

  • コマンドウルフ (コマンダー)
    • 総合バランスに優れ、専用SR武装搭載で支援スナイパーにも育つ。
      パンチ力の無さが難点だが、手数の多さがそれを補う。
  • シャドーフォックス (コマンダー)
    • 搭載コストが高く拡張性に優れ、コマンドウルフの上位互換的な機体とされる。
      ドーベルよりも汎用性が高いが小型処理能力と防御力はドーベルに軍配が上がる。追加実装された専用ガトリング砲によって対ゾイド攻撃力を増した運用も可能。
  • ケーニッヒウルフ (サポーター)
    • 対拠点・対ゾイド攻撃力に長けた高速サポーター。専用SR格闘の「麻痺能力」が異彩を放つ。
      高速で駆け回り回復・地雷処理できるのが強み。但し速度3.8と微妙に遅いのと小型処理能力が低い点がネック。

ゾイド世界でのジークドーベル

「メカ生体ゾイド」後半の暗黒大陸(ガイロス帝国)戦において、暗黒軍初の新型高速格闘ゾイドとして登場。

後の作品ではスタンダードな格闘スタイルとなる「胴体の脇にブレードを展開させてすれ違いざまに敵を斬る」戦法で序盤は大暴れし、ウルトラザウルスの首すら斬り落とす大活躍を見せる。しかしストーリー中盤以降は弱体化し雑魚キャラ扱いされ、敵モブキャラとして戦いを盛り上げた。
後にガイロス帝国が復活する際(リバースセンチュリー)も、上位機種アイスブレーザーのテクノロジーで強化された無人ゾイドとして登場、やはりモブキャラとして戦いを盛り上げた。
雑魚ゆえ雑魚を知るゾイド。

「メカ生体」後半の迷走と急激なインフレの犠牲になった感はあるが、序盤の圧倒的な活躍と「斬撃型」陸戦ゾイドの先駆者としての存在感が強い印象を残すゾイドである。

余談だが、メカ生体時代は「ジーク・ドーベル」、リバースセンチュリー再登場時は「ジークドーベル」と、「・」が付くか付かないかで区別される。つまり、本作に登場しているドーベルはリバースセンチュリー版だといえる。

キットとしてのジークドーベル

  • メカ生体ゾイド版 (1989年8月発売)
    • 暗黒軍新規ゾイド第3弾として登場。ドーベル以前の電動ゾイドはメカユニットが組立済みだったのだが、当時流行していたミニ四駆同様の組立式メカユニットに加え、別売オプションの「グレードアップパーツ」を連動して動かすための回転軸付きコネクター、更に目を光らせるためのオプション「アイフラッシャー」搭載機能をも実装した、拡張性を確保しつつもゾイド単体としてのギミックは少なめにした低価格電動ゾイド第1弾であった。
      • ドーベル用グレードアップパーツは本作のSR専用武装「パルスキャノン」。
        本体から取り出した動力で砲身が回転し、砲身横内部のエネルギーチャージランプ的なステッカーが前後に動く。
        超かっこいいので見る機会があれば必見の逸材。

  • リバースセンチュリー版 (2008年11月発売)
    • ゾイド25周年企画「リバースセンチュリー」にて再販。基本的にメカ生体版と変わらないが、強度の低いパイプ部分は隙間が埋められ玩具としての強度が増している。また、上位機種アイスブレーザー登場に伴う金型改修の影響か、前足に武装搭載可能なハードポイントが追加されている。
      その影響か、本作でも左右ウエポンは(キット版には搭載されている)フォトン粒子砲の搭載箇所である背中両脇か、この前足の追加ハードポイントに装着される。
      • 残念ながらグレードアップパーツとしてのパルスキャノンは再販されなかった。
        再販版ガンギャラドにはパルスキャノンが標準装備されているので借りる…という選択肢もあるが、そうすると今度はガンギャラドの背中武装が無くなってかわいそう(ガンギャラドの必殺兵器・ハイパー荷電粒子砲はパルスキャノンに被せる形で装備するため)なので注意したい。
        逆を言えば「ドーベルにハイパー荷電粒子砲搭載」という魔改造も可能。

ステータス

基本形態Lv20はかつての上限値ですが、参照用データ及び
機体能力制限バトル(基本20縛りetc.)用資料として継続掲載しています。

基本形態
ロールタイプファイター
初期LvLv20Lv50
搭載コスト151515
HP90017062979
EN100010811208
攻撃力125207335
防御力165207273
移動速度444
索敵範囲656565
その他ファイターLv2、EN回復量50

アップグレード

・基本形態

  • 近接戦闘強化型Ⅰ
  • 砲撃戦闘補完型Ⅰ
  • 対小型ゾイド特化型Ⅰ
    • 近接戦闘強化型Ⅱ
    • 砲撃戦闘補完型Ⅱ
    • 対小型ゾイド特化型Ⅱ
      • 近接戦闘強化型Ⅲ
      • 砲撃戦闘補完型Ⅲ
      • 対小型ゾイド特化型Ⅲ
近接戦闘強化型Ⅰ
アップグレード素材メモリチップ(A)15個
メモリチップ(S)4個
メモリチップ(E)4個
メモリチップ(D)4個
メモリチップ(N)4個
初期Lv最大Lv.55
搭載コスト16(+1)16
HP1100(+200)3500(+2400)
EN1100(+100)1330(+230)
攻撃力130(+5)367(+237)
防御力170(+5)290(+120)
移動速度44
索敵範囲70(+5)70
その他ファイターLv2、EN回復量55
砲撃戦闘補完型Ⅰ
アップグレード素材メモリチップ(A)4個
メモリチップ(S)4個
メモリチップ(E)4個
メモリチップ(D)4個
メモリチップ(N)15個
初期Lv最大Lv.55
搭載コスト17(+2)17
HP1000(+100)3291(+2291)
EN1200(+200)1430(+230)
攻撃力125356(+231)
防御力165284(+119)
移動速度44
索敵範囲75(+10)75
その他ファイターLv2、EN回復量60
対小型ゾイド特化型Ⅰ
アップグレード素材メモリチップ(A)4個
メモリチップ(S)15個
メモリチップ(E)4個
メモリチップ(D)4個
メモリチップ(N)4個
初期Lv最大Lv.55
搭載コスト16(+1)16
HP1050(+150)3423(+2373)
EN1150(+150)1374(+224)
攻撃力125362(+237)
防御力175(+10)297(+122)
移動速度44
索敵範囲80(+15)80
その他ファイターLv3、EN回復量55
 

 
近接戦闘強化型Ⅱ
アップグレード素材メモリバンク(A)2個
メモリバンク(S)2個
メモリバンク(E)10個
メモリバンク(D)2個
メモリバンク(N)2個
初期Lv最大Lv.60
搭載コスト1616
HP1200(+100)3882(+2682)
EN1200(+100)1451(+251)
攻撃力135(+5)398(+263)
防御力175(+5)310(+135)
移動速度44
索敵範囲7070
その他ファイターLv2、EN回復量60
砲撃戦闘補完型Ⅱ
アップグレード素材メモリバンク(A)10個
メモリバンク(S)2個
メモリバンク(E)2個
メモリバンク(D)2個
メモリバンク(N)2個
初期Lv最大Lv.60
搭載コスト18(+1)18
HP1100(+100)3603(+2503)
EN1400(+200)1669(+269)
攻撃力130(+5)390(+260)
防御力170(+5)302(+132)
移動速度44
索敵範囲80(+5)80
その他ファイターLv2、EN回復量65
対小型ゾイド特化型Ⅱ
アップグレード素材メモリバンク(A)2個
メモリバンク(S)2個
メモリバンク(E)2個
メモリバンク(D)2個
メモリバンク(N)10個
初期Lv最大Lv.60
搭載コスト1616
HP1150(+100)3802(+2652)
EN1250(+100)1519(+269)
攻撃力130(+5)393(+263)
防御力180(+5)318(+138)
移動速度44
索敵範囲95(+15)95
その他ファイターLv3、EN回復量60
 

 
近接戦闘強化型Ⅲ
アップグレード素材メモリユニット(A)3個
メモリユニット(S)3個
メモリユニット(E)1個
メモリユニット(D)1個
メモリユニット(N)1個
初期Lv最大Lv.65
搭載コスト17(+1)17
HP1300(+100)4339(+3039)
EN1300(+100)1572(+272)
攻撃力140(+5)438(+298)
防御力180(+5)329(+149)
移動速度44
索敵範囲7070
その他---
砲撃戦闘補完型Ⅲ
アップグレード素材メモリユニット(A)1個
メモリユニット(S)1個
メモリユニット(E)3個
メモリユニット(D)1個
メモリユニット(N)3個
初期Lv最大Lv.65
搭載コスト19(+1)19
HP1200(+100)3851(+2651)
EN1600(+200)1872(+272)
攻撃力135(+5)417(+282)
防御力175(+5)320(+145)
移動速度44
索敵範囲85(+5)85
その他EN回復量70
対小型ゾイド強化型Ⅲ
アップグレード素材メモリユニット(A)1個
メモリユニット(S)3個
メモリユニット(E)1個
メモリユニット(D)3個
メモリユニット(N)1個
初期Lv最大Lv.65
搭載コスト1616
HP1250(+100)4256(+3006)
EN1350(+100)1674(+324)
攻撃力135(+5)423(+288)
防御力185(+5)339(+154)
移動速度44
索敵範囲100(+5)100
その他---

   

お勧めアップグレード

ジークドーベルお勧めアップグレードと各アップグレードの簡単な内容

  • 【近接戦闘強化型】 <ヘルブレ特化>サバイバビリティ重視ならコレ!
    索敵範囲が狭くヘルブレイザーで敵小型ゾイドを撃破するドーベルは、必然的に近接戦闘の頻度が高く、小型ゾイド処理の際の「もらいダメージ」も馬鹿にならない損害です。
    近接戦闘強化型はHPと攻撃・防御力が重点的に強化されており、近接戦闘での生存性向上を図ったアップグレード形態だといえます。
    • ダウン耐性値が上昇し、ヘルブレイザーを活かした近接戦闘がより捗ります。
    • 対拠点攻撃力がデスト並に低い(砲撃ガンブラ以下)ので、拠点攻撃向けではありません。
  • 【砲撃戦闘補完型】 <拠点班>バランス重視ならコレ!
    「補完」という名称の通り、近接戦闘へ特化したドーベルに「弱みを補う程度の」砲戦能力を与えたアップグレード形態です。
    搭載コストとENが強化され、索敵範囲も若干ながら増しています。より強力な砲を積め、敵プレイヤーゾイドと撃ち合う能力が増した形態であり、トータルで見ればバランス重視型の能力向上となっています。
    • 効率良く拠点を撃ちたいのであれば、現状一択のアップグレードです。
  • 【対小型ゾイド特化型】 ザコスイーパー重視ならコレ!
    ただでさえ対小型ゾイド攻撃力の高いドーベルを、より「小型キラー」に特化させた形態です。防御力の増加幅が全グレード中最大となった一方で索敵能力もかなり増し、ヘルブレイザーに加えて赤ミサイルも搭載ウエポンの有力な選択肢となります。
    また、索敵範囲の増加は「2連装戦術ミサイル」「6連装ミサイルランチャー」等の追尾性の高いウエポンの自衛用としての有効活用をも可能にしてくれるでしょう。
    • 一方で、対プレイヤーゾイド・対拠点攻撃倍率低下というデメリットも。

専用ウエポン・オススメウエポン

ジークドーベルの専用ウエポンやオススメのウエポンの評価・活用について記載。
ウエポンのステータスについては武装を参照のこと。

専用ウエポン

  • ヘルブレイザー(緑/ZD)
    ジークドーベル専用の格闘ウエポン。バトルストーリーではウルトラザウルスの首をも斬り落とした、陸戦高速ゾイド用ブレードの元祖と言える存在。

    大量の小型ゾイドを一撃で葬れる貴重な装備。一方で、対プレイヤーゾイドへの与ダメージは控えめ。発動時の隙はマンモスの牙より少なく、本拠地防衛の際に大量の小型と小型を盾に攻めてくる敵プレイヤーゾイドを一発でまとめて吹き飛ばしつつ小型を群れごと殲滅する事すら可能。
    ジークドーベルは、本武装を付けてこそファイター(対小型)の真価を発揮できると言えます。

    【!CAUTION!】
    2018.03.01のアップデートに伴いコマンダーの対小型強化能力がアップし、敵コマンダーによって強化された敵小型ゾイドは、ヘルブレイザーでも一撃で倒せない可能性があります。ご注意下さい。

    ヘルブレイザーはその当たり範囲の広さと速射性、対大型・対拠点ではまともにダメージが入る特性上、ただ「小型を一撃で沈められる」のみならず様々な応用的運用が可能です。
    • 敵に追い詰められた時の「当て逃げ」
    • 敵拠点・本拠地に小型の群れや大型を突入させたい時の「押し込み」
    • 味方大型・拠点防衛時の「荷電要員転ばせ・時間稼ぎ」
    • 対大型・拠点への「とどめの一撃」
    • 敵集団を奇襲攻撃し連携を崩す「嫌がらせ」etc.

      使い方次第では戦況を覆す事も可能です。
      無茶しない程度にレッツブレイザー!
  • パルスキャノン(青/ZD)
    「メカ生体ゾイド」時代にジークドーベルの強化ウエポンとして登場した2砲身ガトリングビーム砲。

    かなりの威力を誇る射程12のEN兵器。ビーム砲としての能力は高い部類に入るが、そもそもジークドーベル自体が対プレイヤーゾイド戦闘向けとは言えないので、対拠点攻撃力を持たない本武装は護身用としての意味合いが濃くなる。
    但し、かっこいい。

ジークドーベル

  • 射程こそ短いが連続発射可能、しかも2ロックできるので近距離戦闘で威力を発揮する。しつこく迫る敵に強力なパルス弾の反復攻撃を浴びせよう。
    しかし数発撃つとEN残量に余裕がなくなり、咄嗟のヘルブレイザーを放てなくなる(ヘルブレイザーはEN消費型格闘)ので、ヘルブレイザーとの併用時にはEN管理に注意が必要。


これからヘルブレイザーを使う暗黒軍新兵さん向けTips

ヘルブレイザー

3体並んで向かってくる敵小型ゾイドを正面からまともにヘルブレイザーの有効射程に収めて発動すると、微妙なタイミングのずれから多少の反撃を受けてしまいます。

しかし、画像のように「中央敵小型ゾイドの少し手前に」有効射程限界を据えた瞬間ヘルブレイザーを発動すれば、無傷で容易に小型3体を一撃殲滅できます。
なお、発動タイミングと場所にさえ慣れれば6体無傷殲滅も可能です。

オススメ、代替ウエポン

  • 量産型ロングレンジライフル(青/N/汎用)
    定番中の定番と言える装備だが、対プレイヤーゾイド戦に向いていない上に小型処理をヘルブレイザーで済ませてしまえるドーベルにおいて、火砲は拠点破壊用・護身用・敵プレイヤーゾイドへの「削り」用としての用途が主となる。
    入手が容易でEXを重ね易い上にリロード時間が短く、一発当たりの威力こそ同系列のSRウエポンに劣るものの速射性に優れたコスパの高い本装備は、小型2連衝撃砲(できればS)か35mmキャノン砲(できればR)と併用する事で更に優れた速射砲として運用できる。
    • 上位互換として高性能ロングレンジライフルが存在するが、高性能と引き換えにSPECが爆上がりしてしまうので、ロングレンジライフル系を使いつつSPEC上昇を抑えたいのであれば、本装備の重要性は更に増す。
  • パルスレーザーライフルS(青/SR/汎用)
    長射程と高威力と2ロック能力を併せ持つ対プレイヤー・大型ゾイド用ENウエポン。
    ドーベル専用SRであるパルスキャノンとは同じ対人EN兵器でも性格が全く異なり、本装備は射程18を誇る代わりにビーム発射後のクールタイムが5秒と長く、パルスキャノンのような速射性は無い。
    しかし、長いクールタイムの間にENが回復するので、ヘルブレイザーとの併用に関しては実はパルスキャノンより容易という利点がある。敵を遠距離から牽制して近寄らせず戦うという意味では、パルスキャノンとの使い分けを行うのも一興かもしれない。
    • 本装備にせよパルスキャノンにせよ、背中に対人ENウエポンを背負うのであれば、左右どちらかに小型2連衝撃砲Sを装備して対拠点火力の不足を補う事をお勧めしたい。
  • 高精度近接戦用格闘キット(緑/R/汎用)
    ヘルブレイザー未所持の場合、索敵範囲の狭いジークドーベルは格闘キット搭載も選択肢に入る。
    しかしながら、ヘルブレイザーと異なりVSでの小型ゾイド一撃破壊はできず、デストロイヤーに比べると対プレイヤーゾイド攻撃力の低いドーベルでは格闘による対プレイヤー攻撃も捗らず、残念ながら護身やEシールド対策用の域を出ない。
    co-opミッションでは小型が強化されていないため、本装備でも小型を一撃で倒せる。但し有効範囲が広いとは言えないので、3機同時殲滅を狙うのであれば突入角度を工夫する必要がある点に注意。
    • Eシールド対策等「挌闘を積む必要がある」場合を除き、ヘルブレイザー未所持であれば、小型処理には全方位ミサイル等の赤ミサを積むのが無難である。
      但し「基本形態」及び「対小型ゾイド強化型以外のアプグレ先」では索敵範囲が狭く、赤ミサのロックオン可能距離が短くなるので注意されたい。

入手方法

入手方法
ショップにて1200Gで販売

カラーリング

4種類のカラーバリエーションがカラーリングショップにて200Gで購入可能。
購入方法や詳しい内容に関してはショップに記載。


ジークドーベル ジークドーベル
ジークドーベル ジークドーベル
  • 【補足解説】カラー01:暗黒軍ディオハリコン仕様カラー
    「メカ生体ゾイド」時代において、ヘリック共和国と直接戦闘を開始した暗黒大陸軍戦闘ゾイドは全身ブラックという不気味かつ迫力ある機体色に、暗黒大陸特有の物質の影響で生成された特殊発光体「ディオハリコン」のグリーンに輝く色が絶妙なアクセントを利かせており、ゼネバス帝国とは異なる新たな強敵の出現を印象付けていました。
    しかし、完全新規の暗黒軍ゾイド第3弾として発売されたジークドーベルは早々にこの「暗黒カラー」を放棄し、良くも悪くも見慣れたゼネバス帝国風カラーで登場して多くのゾイダーを落胆させました。
    このカラー01は「もしジークドーベルが初期暗黒軍カラーを纏い、ディオハリコンを装備して登場したら?」的なif仕様かと思われます。同じく初期暗黒軍カラーを纏ったダークホーンと共に暗黒軍団を編成してみるのも一興です。
  • 【補足解説】カラー02:改良型アイスブレーザー仕様カラー
    ジークドーベルには強化改良型の「アイスブレーザー」という上位機種が存在します。アイスブレーザーは頭部全体をシルバーの「アイスメタル」装甲で覆っており、ビーム兵器への耐性とステルス性を備えていました。
    時は流れ、「リバースセンチュリー」の時代になって暗黒軍…もといガイロス帝国は、ジークドーベルにアイスメタルの技術を用いて、黒い頭部のままで防御力強化とステルス性向上を達成しました。
    もし、「リバースセンチュリー」の時代に上位機種のアイスブレーザーも復活していれば、きっと頭部は銀色でなくドーベルと同じく黒いままだったでしょう。
    黒い頭部以外はアイスブレーザーとほぼ同一色のこのカラーは、そんな憶測を喚起してくれます。


コメント

古い順

新しい順


【更新】 コメントのブロック機能について

最新の20件を表示しています。 すべてのコメントを表示する。

  • No.95 名無し
    で、イオンブースター手に入れてイェーガー使うと、ドーベルとアセン近くなるからマッチアップする存在になるね。ただイオンブースター動き回れるけど連射きかないからプレイヤーゾイドを追っ払うさらには撃墜まで狙うならドーベルの方がそこまで持っていける可能性高いね、やはり。
    2018-03-24 18:12:22 ID: e6a28804
  • No.96 名無し
    パルスキャノンとヘルブレイザーのドーベルセットを持っていたことに気付いてドーベル買って使ってみたら、あまりの性能の良さに驚愕。ドーベルはイェーガーと並んでファイター最強クラスじゃないのか?
    2018-03-28 17:09:55 ID: ip 7033-aea1
  • No.97 名無し
    そうなんですけど…不思議と使ってる人は少ないんだよなぁwこれはこれでカッコイイのにね。ヘルブレイザーは強化しすぎに注意!マッチングしなくなるからね
    2018-03-28 21:10:55 ID: an 4b81-350f
  • No.98 名無し
    アニメに出てないからメカ生体からのファン以外にはなじみが薄いからかな
    2018-03-30 22:23:49 ID: pc 92f9-fc58
  • No.99 名無し
    ファイターは、サイクスとかイエーガーとかフューラーとか(イケメン的な意味で)ライバルが多いんですよね。軸犬もカッコイイんですけど、新世紀世代の精練されたフォルムは凄く魅力的に見える。
    2018-03-30 22:45:49 ID: pc 90f3-fc58
  • No.100 名無し
    砲撃補完Ⅲにアップグレード完了したので更新。
    2018-04-01 00:17:10 ID: pc c12f-6616
  • No.101 名無し
    アプグレ先を近接か対小型で悩んでます。ユニットが足らないのでアプグレⅡまでするとして、ヘルブレのex0なので近接だとレベル60でも1確出来ないですか?
    2018-04-01 13:49:55 ID: an 4e87-6c2e
  • No.102 名無し
    対小型は、確かに小型へは強くなるけど拠点と対人にマイナス補正かかるから注意。
    で、自分のは近接でヘルブレイザーはEX5くらいだけど未強化もしくはコマンダーLv1の強化くらいなら蹴散らせるかな、小型は。
    2018-04-01 15:13:27 ID: ip f0c2-ee4b
  • No.103 名無し
    そうですね〜近接でも指揮強化型のコマンダー相手でもなければほとんど一撃だったので、特に困らなかったですよ。最近は乗ってないですが、ブレイザー99ならどんな小型でも一撃でしたよw
    2018-04-01 17:48:59 ID: an 2a15-350f
  • No.104 名無し
    なるほど、お二方ともありがとうございます! 対人と対拠点がマイナスなのは味方の負担になりかねないし、ダウン耐性も高い近接の方が良さそうですね! 後はサブパイやスペックで調整してみます!
    2018-04-01 18:52:50 ID: an 4e87-6c2e
  • No.105 名無し
    複数コマンダーのバフ重ね掛け・指揮強化系コマンダーⅢへの対抗策として育てていくなら対小型はありだと思いますが、近接の方がバランスはいいかもしれませんね。 >100 情報ありがたいです。思ってたよりHPが他2形態と開きがある…個人的に専用パルスが好きで砲撃を優先でⅢにする予定なので参考になりました。まあ3頭いるんでユニット次第ですが。
    2018-04-01 20:29:48 ID: pc a0cb-7333
  • No.106 名無し
    基本ミッション30勝21敗で完了
    基本形態の青ロック短いけど近接はロック距離は増えますか?
    2018-04-10 13:58:02 ID: ip 19c9-b206
  • No.107 名無し
    基本スペック17万から近接2にアップしたらレベル55で同じ装備でスペック38万、、、
    犬ってスペック高い
    2018-04-11 21:25:57 ID: ip 19c9-b206
  • No.108 名無し
    対拠点火力が砲撃の方が2割近く高いようです。
    パルキャ無いのに近接作ったけど、後悔してます。
    2018-04-12 09:24:16 ID: ip caf5-0b19
  • No.109 ヘリック共和国動物愛護協会
    近接・砲撃アプグレの解説を更新しました。某氏主宰の拠点攻撃力検証をご覧になられた方は少なからずいらっしゃるかと思いますが…近接の対拠点攻撃力は砲撃ガンブラ以下です。近接使ってる私も「なんか拠点ダメ入らないな~」位には思ってましたので最近は衝撃砲×2で対人捨てて対拠点DPS稼ぐ運用してました。検証にて具体的数値が出て納得!てな印象です…
    2018-04-13 10:43:29 ID: pc cadb-c4e4
  • No.110 名無し
    こいつまだ正規パイロット出てない感じかな
    2018-04-24 08:48:18 ID: ip 3401-53c4
  • No.111 名無し
    ヘルブレ、パルスキャノン、小型2連衝撃砲Sから装備変更してないけど、
    砲撃Ⅲが砲撃Ⅱの頃のSPECに落ちた。32万も落ちて70万w
    2018-04-26 18:26:17 ID: pc 59b2-7283
  • No.112 名無し
    >110
    機体は25、サブパイロットは20(内、ミッション変更なしの冬服3)
    ダークホーン、シャドーフォックス、ゴジュラスCA、ライガーゼロシュナイダ―、アイアンコングPK、ジ-クド―ベル、ディメトロドン、マンモスの8機が愛機のサブパイが出てませんね。
    2018-04-27 02:35:33 ID: pc 59b2-7283
  • No.113 名無し
    ヘルレイザーいいね!なんかお掃除するみたいに小型が簡単に倒せる
    コロコロ並みの快感
    2018-04-28 04:09:09 ID: ip 3401-53c4
  • No.114 名無し
    今回のイベントで本拠地に籠って20匹ぐらいの小型をまとめて一刀両断にするのすごい快感w
    2018-05-01 10:03:11 ID: pc 0134-1f00

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!