バーサークフューラー

バーサークフューラー

  • バーサークフューラーのステータスや入手方法などを記載。

バーサークフューラー バーサークフューラー
バーサークフューラー バーサークフューラー

概要

基本情報

圧倒的な戦闘力を誇る帝国軍の旗艦ゾイド。
拡散/集束切り替え可能な「荷電粒子砲」、高性能機動ユニット「ハイマニューバスラスター」、そしてマグネッサーシステムを利用した超高速回転ドリル「バスタークロー」等、数々の最新技術を採用している。

ゲーム内でのバーサークフューラー

戦場を蹂躙する破壊の暴君

  • 攻防走が高レベルでバランスがいい、マルチロールなファイター。
  • 対ゾイド戦闘、小型ゾイドの処理、拠点の破壊など、様々な場面で活躍でき、役に立たない状況が少ないのが最大の強み。基本的には実弾系のウエポンを多めに搭載して、対人と拠点破壊を意識して戦場へ出る場合が多い。破壊対象を明確に見定め、戦場に破滅と混沌をもたらそう。
  • その一方で、突出した能力に欠けるのが悩み。高速のデストロイヤーには歯が立たず、耐久力の高い機体を相手にするのも厳しい。本当に無理な時は、潔く退くことも肝心。現在の持ち場では分が悪くとも、他の戦場へ駆けつければ活躍できる可能性もあり、一つの盤面に拘り続けるのは愚策である。自分が必要とされる戦場を見極めて速やかに行動を開始する、遊撃部隊の如き動きが、バーサークフューラー乗りには常に求められる。

受け継がれし伝家の砲塔『荷電粒子砲』

  • 帝国のティラノサウルス型ゾイドの専用兵器である荷電粒子砲は、もちろんバーサークフューラーにも実装されている。すでに実装されていた荷電粒子砲、及び荷電粒子砲(GB)との相違点として、本機の専用装備である荷電粒子砲(BF)は、三本のビームが並列して発射される仕様となっている。今までの荷電粒子砲と違い攻撃範囲が広く、広範囲へ被害を与えることが可能。敵拠点やプレイヤーゾイドを巻き込んで、小型ゾイドの処理まで纏めてこなすことが出来る。詳しくは、専用ウエポンの項で解説を行うため、本項では簡単な説明に留める。
  • 本来、バーサークフューラーのバスタークローに仕込まれた武装はAZ185㎜ビームキャノンであり、荷電粒子砲の発射機構は口内にしか存在しない。口とバスタークローから同時に荷電粒子砲を発射するのはアニメ『ゾイド新世紀/ゼロ』で登場した機体のオリジナル設定である。

ゾイド世界でのバーサークフューラー

最強無敵の鉄竜騎

  • 帝国軍幻の最強戦闘部隊『鉄竜騎兵団』を率いる旗艦ゾイド。
  • 兄弟機であるライガーゼロと同様、優れた完全野生体のゾイド核をベースにして製造された。オーガノイドシステム搭載ゾイドと遜色ない性能と戦闘能力を有し、総合力では魔装竜ジェノブレイカーをも上回ると言われている。
  • ジェノザウラーから受け継いだ「荷電粒子砲」をはじめ、多様な武装を搭載している。背部に装備された「バーサークユニット」は、出力器である「イオンブースターパック」と、機動機構「ハイマニューバブラスター」を備え、機動力を大幅に強化。さらに、強力な格闘武装である「バスタークロー」は、Eシールド・ビームガンを兼ね備えた高性能な武装である。これは、もともと共和国で使用されていた「マグネーザー」と呼ばれる兵器を研究・強化して新機能を追加した高機能兵器なのだ。
    また、外装をフル換装することで多様な状況に対応するCAS(チェンジングアーマーシステム)をいち早く取り入れた機体であり、まさに帝国の戦闘技術の集大成と言える傑作ゾイドである。

謎の反逆部隊『鉄竜騎兵団』

  • ガイロス帝国内で秘かに組織された特殊戦闘部隊、それが鉄竜騎兵団(アイゼンドラグーン)である。通常部隊とは一切の行動をともにせず、帝国兵士でも存在を知る者はごく僅かしかいない。しかし、彼らが歴史の表舞台に立つことになった初陣はあまりにも鮮烈であった。なんと、味方の防衛部隊の殲滅作戦である。
  • この部隊は、PK師団(プロイツェンナイツ)と同じく、ガイロス帝国摂政であるギュンター・プロイツェンが組織した特殊部隊であり、指揮官は息子のヴォルフ・ムーロアである。その真の目的は、旧ゼネバス帝国の復興。共和国軍の部隊が暗黒大陸に攻め入ったのを期にガイロス帝国に反旗を翻し、様々な工作を経て中央大陸を制圧、最終的にはネオゼネバス帝国の樹立を成功させた。

CASのコンセプト

  • バーサークフューラーは、兄弟機であるライガーゼロと同様に、CAS(チェンジングアーマーシステム)に対応したゾイドである。しかし、様々なタイプのユニットが開発されたライガーゼロに対し、本機に関しては高速機動戦用の『シュトゥルムユニット』のみの開発に留まった。これは、本機がノーマルユニットでも様々な戦局に対応できる汎用性のある機体であるとともに、ライガーゼロを超える基本性能と完成度を有していたためと思われる。
  • また、そもそも帝国側が描いていたCASの着想とは『後世にも残るガイロス帝国ゾイドを誕生させる』というものである。その目指すところは『完成度の高い素体ゾイドを作成し、世代が経過しても、外装を取り換えることで時代に適応できる拡張機能を予め持たせる』というものであり、共和国側の『戦況や搭乗者の個性に合わせて武装を換装し、一機で様々な状況に対応させる』という思想とは、全く異なったコンセプトを基にして開発されたのである。

ステータス

基本形態
ロールタイプファイター
初期LvLv.20最大Lv.50
搭載コスト161616
HP10002782
EN12001299
攻撃力120358
防御力125229
移動速度3.43.43.4
索敵範囲110110110
その他ファイターLv1、EN回復量:50

アップグレード

  • 基本形態
    • 基本性能強化型Ⅰ
    • 近接戦闘強化型Ⅰ
    • EN強化型Ⅰ
      • 基本性能強化型Ⅱ
      • 近接戦闘強化型Ⅱ
      • EN強化型Ⅱ
基本性能強化型Ⅰ
アップグレード素材メモリチップ(A)4個
メモリチップ(S)15個
メモリチップ(E)4個
メモリチップ(D)4個
メモリチップ(N)4個
初期Lv最大Lv.55
搭載コスト18(+2)18
HP1100(+100)3091
EN1250(+50)1387
攻撃力130(+10)292
防御力135(+10)277
移動速度3.43.4
索敵範囲110110
その他ファイターLv2、EN回復量:50
近接戦闘強化型Ⅰ
アップグレード素材メモリチップ(A)4個
メモリチップ(S)4個
メモリチップ(E)4個
メモリチップ(D)15個
メモリチップ(N)4個
初期Lv(暫定)Lv.20
搭載コスト1616
HP1200(+200)1247(+47)
EN12001247(+47)
攻撃力140(+20)194(+54)
防御力145(+20)144(+24)
移動速度3.43.4
索敵範囲90(-20)90
その他ファイターLv2
EN強化型Ⅰ
アップグレード素材メモリチップ(A)4個
メモリチップ(S)4個
メモリチップ(E)15個
メモリチップ(D)4個
メモリチップ(N)4個
初期Lv最大Lv.50
搭載コスト19(+3)19
HP10002782
EN1300(+100)1424
攻撃力125(+5)363
防御力130(+5)234
移動速度3.43.4
索敵範囲110110
その他ファイターLv2
 

 
基本性能強化型 Ⅱ
アップグレード素材メモリバンク(A)2個
メモリバンク(S)10個
メモリバンク(E)2個
メモリバンク(D)2個
メモリバンク(N)2個
初期Lv最大Lv.60
搭載コスト20(+2)20
HP1200(+100)3405
EN1300(+50)1449
攻撃力140(+10)427
防御力145(+10)306
移動速度3.43.4
索敵範囲120(+10)120
その他ファイターLv2、EN回復量:55
近接戦闘強化型 Ⅱ
アップグレード素材メモリバンク(A)2個
メモリバンク(S)2個
メモリバンク(E)2個
メモリバンク(D)10個
メモリバンク(N)2個
初期Lv最大Lv.60
搭載コスト17(+1)17
HP1300(+100)3505
EN1250(+50)1399
攻撃力150(+10)438
防御力155(+10)316
移動速度3.43.4
索敵範囲9090
その他ファイターLv2
EN強化型 Ⅱ
アップグレード素材メモリバンク(A)2個
メモリバンク(S)2個
メモリバンク(E)10個
メモリバンク(D)2個
メモリバンク(N)2個
初期Lv最大Lv.50
搭載コスト22(+3)22
HP1100(+100)2882
EN1425(+125)1549
攻撃力130(+5)368
防御力135(+5)239
移動速度3.43.4
索敵範囲115(+5)115
その他ファイターLv.2、EN回復量:60
 

 
基本性能強化型Ⅲ
アップグレード素材メモリユニット(A)---個
メモリユニット(S)---個
メモリユニット(E)---個
メモリユニット(D)---個
メモリユニット(N)---個
初期Lv最大Lv.65
搭載コスト21(+1)21
HP---(+---)3757
EN---(+---)1512
攻撃力---(+---)467
防御力---(+---)330
移動速度3.5(+0.1)3.5
索敵範囲130(+10)130
その他---
近接戦闘強化型Ⅲ
アップグレード素材メモリユニット(A)3個
メモリユニット(S)1個
メモリユニット(E)1個
メモリユニット(D)3個
メモリユニット(N)1個
初期Lv最大Lv.65
搭載コスト18(+1)18
HP---(+---)3857
EN---(+---)1462
攻撃力---(+---)477
防御力---(+---)350
移動速度3.43.4
索敵範囲9090
その他---
EN強化型Ⅲ
アップグレード素材メモリユニット(A)1個
メモリユニット(S)1個
メモリユニット(E)3個
メモリユニット(D)3個
メモリユニット(N)1個
初期Lv最大Lv.65
搭載コスト23(+1)23
HP1200(+100)---
EN1500(+75)---
攻撃力135(+10)---
防御力140(+5)---
移動速度3.43.4
索敵範囲120(+5)120
その他---

   

お勧めアップグレード

バーサークフューラーお勧めアップグレードと各アップグレードの簡単な内容

  • 【基本戦闘強化型】
    本機が従来持つスペックを一切損なうことなく向上させた、純粋強化型。
    ファイターとしての立ち回りを考える場合に、最も適した強化形態である。装備編成から戦場での動きまで、柔軟な対応が可能なのが強み。搭載コストの上限も十分であり、強力な武装を積みやすい。小型ゾイドに対する索敵範囲も広く、余裕を持って処理することが出来る。
    ただし、本機の器用貧乏な面をそのまま受け継いでいるため、考えなしに扱うと何も出来ないまま終わってしまう。索敵範囲の広さも赤ウエポンを積まない場合は無意味であり、装備の内容によっては他の強化形態でも十分と言われてしまう場合もある。プレイヤー自身が目的を定め、何を目標にするかを考えて動けるようにしたい。
    強化Ⅲにて、移動速度が向上する唯一の形態である。上昇値そのものは微量ではあるが、長距離を移動する場合は馬鹿にならない差になるため侮りがたい。
  • 【近接戦闘強化型】
    攻撃力や防御力など、戦闘に関する数値が大きく上昇する。特に対人戦を意識する場合は、多くの面で他の強化形態を上回り、隙のないステータスとなっている。
    逆に、索敵範囲が狭いため、小型ゾイドの処理能力は下がる。ただし、索敵のロックが短くなるだけなので、赤ミサを使わずに荷電粒子砲などのウエポンで対処する場合には一切の影響がない。
    むしろ、問題は搭載コストの低さであり、専用ウエポンのコストの高さも相まって、装備編成の自由度に響きやすい。ステータスの高さと引き換えに柔軟性を犠牲にしているため、自分の理想とする動きをしっかりと見据えて強化すること。
    また、他の形態に比べてダウンしにくいという特徴がある。そのため、攻撃を妨害されにくく、自身の役割を遂行しやすい。ただし、これは集中攻撃で撃破されやすいという欠点でもある。倒されないからといって無茶をするのではなく、冷静に判断して立ち回るようにしたい。
  • 【EN強化型】
    その名の通り、EN方面のステータスが上昇する。EN最大値はもちろん、回復量も上昇するため、複数のEN兵器を扱う場合に有効な強化形態である。
    反面、戦闘に関するステータスでは、他の強化形態に大きく劣る。また、EN兵器を多用する都合上、拠点破壊性能は犠牲になりやすい。搭載コストが非常に高いが、さすがに過剰である感が拭えず、他の形態でも十分な場合が多い。
    メインウエポンである荷電粒子砲を連発するのに都合が良さそうだが、リロード時間の関係でそれは不可能。もう一つの専用ウエポンであるEシールドを併用する場合は有効だが、そもそも扱いづらい装備であるためおススメは出来ない。この形態にするなら、荷電粒子砲他のENウエポンという編成にして、この強化を選んだことに何らかの意味を持たせるようにしたい。

専用ウエポン・オススメウエポン

バーサークフューラーの専用ウエポンやオススメのウエポンの評価・活用について記載。 ウエポンのステータスについては武装を参照のこと。

専用ウエポン

荷電粒子砲(BF)(緑/SR)

  • バーサークフューラーの個性を際立たせるフリーウエポン。
    強力なビームを3本並列させて発射するため、広範囲を纏めて薙ぎ払うことが可能。しっかりと照準を合わせれば、複数の対象を攻撃に巻き込むことが出来る。非常に使い勝手はいいが、見た目の派手さの割に威力は控えめなことに注意。デストロイヤータイプの使用する荷電粒子砲に比べると、破壊力では見劣りする。
  • ジェノブレイカーの荷電粒子砲とは違い、2段ヒットがなくなり、単発攻撃である。しかし、これはダウン効果が一発で発揮されるということでもあり、一概にデメリットばかりではない。
+  アップデートによる変遷

Eシールドパーツ(BF)(青/SR)

  • バーサークフューラー専用のEシールド。
    射撃系のウエポンから身を守ることができ、後ろにいる味方も庇うことが出来る。
  • しかし、シールドライガーのEシールドと違い、展開中は他の行動が出来ない。そのため、単純に時間稼ぎにしかならず、逆転の一手としては使えない。しかも、使用すると膨大な量のENを消費するため、荷電粒子砲を装備している場合は足を引っ張り、攻め手を遅らせてしまう事になりかねない。
  • かなり使い勝手が悪く、有効な活用法が見つかっていないのが現状。アニメなどではカッコいい活躍を見せていた兵器だけに、非常に残念である。

オススメウエポン

量産型ロングレンジライフル(青/N)

  • 汎用性に優れた、定番の対人系ウエポン。長射程威力もあり、さらに弾速も速い。実弾兵器なの対拠点にも活用でき、リロードも速いので連射も可能。
  • このウエポンの射程と、バーサークフューラー自体の機動力を活かし、撃ち逃げで相手にプレッシャーを与えることが出来る。ただし、この装備だけを頼りにして積極的な対人戦を行うのは難しい。特に、一対一の戦闘に於いては、相手によっては劣勢に立たされることも多いため、無理は禁物である。

デュアルスナイパーライフル(青/SR)

  • 弾速が早く、射程も長めの高性能なライフル。威力と射程は量産型ロングレンジライフルタイプの武器に劣るが、2体の敵を同時にロックできるのが強み。単身での進撃時より、複数の敵味方が入り乱れる乱戦時に持ち味を発揮する。どちらかと言うと、対人戦を重視する場合に選ぶべきウエポンと言えるだろう。
  • 本来はケーニッヒウルフでの運用を前提に作られたライフルであるが、このゲームでは汎用ウエポンとして扱われている。

2連装戦術ミサイル(青/R)

  • 弾速は遅いが、追尾式敵ゾイドを2体同時にロックすることがが可能な高性能ウエポン。実弾兵器なので、対人に加えて対拠点もこなすことが出来る。さらに、射程も広いため、遠方の間合いから敵を撃つことが可能。
  • ただし、威力は低め。ダウン性能が高いが、集団戦ではコレが邪魔になることもあるので注意が必要。また、弾数が少ないため、調子に乗って撃ち続けるとすぐに弾切れになる。残弾数を気にしつつ、こまめに拠点へ帰還して補充するようにしよう。
  • このウエポンは本来、共和国の大型飛行ゾイドである『怪鳥』サラマンダーの装備である。(旧名称は『連装ミサイル発射機』。また、アイアンコングの『TVM地対地2連装戦術ミサイル』とは名称・形状が似ているが別物。)実物のキットは内部にスプリングが仕込まれており、プラスチック製のミサイルを実際に発射できた。
    また、ユニット後部(本体中央より少し後ろにある窪みの部分)にはキャノピーがない吹き曝しの砲座席、いわゆる懲罰席を完備しており、地上3万メートルの高さをマッハ2の速度で容赦なく飛ぶ。

6連装ミサイルランチャー(青/SR)

  • 上記の2連装戦術ミサイルと同様に追尾式の低速ミサイルだが、こちらは敵を1機しかロックできず、射程範囲も少し短い。
  • ただし、威力はこちらの方が圧倒的に高い。リロード5秒は長く感じるが、実際には6発を撃ち切るまではリロードが発生しないため、連射性能にも優れている。(ただし、約3秒のクールタイムが入るため、実際には2連装戦術ミサイルの方が速い。)拠点へ対しての連射、及び敵ゾイドとの接近戦を得意とするが、こちらも弾数が少ないため弾切れには注意。
  • 実物のキットとしては、アイアンコングの肩に載せる専用装備である。(詳しくは該当ページにて。)

小型2連衝撃砲 (緑/N)小型2連衝撃砲R(緑/R)

  • 連射力が魅力の緑ウエポン。回転数に優れた実弾兵器で、拠点破壊に向いている。しかし、緑ウエポンなので敵プレーヤーゾイドをロックオンすることは出来ず、低射程で弾速も普通なので対人には不向き。
  • ライン上を真っ直ぐに進んでくる小型ゾイドが相手なら、良く狙えば当てることが出来る。ただし、この兵器だけで小型処理を遂行するには無理があるため、あくまで補助的な役割である。
  • ノーマルとレアが存在するが、レアの方がリロード時間が短い。そのため、出来るだけレアの方を装備するのがベター。また入手難易度は高いが、小型2連衝撃砲Sが手に入れば、そちらに持ち替えるようにしたい。

小型2連衝撃砲S (緑/SR)

  • 基本的な仕様は通常の小型2連衝撃砲と同様だが、こちらは2発の弾丸が同時に発射される。しかも、リロードが2秒と短いため、かなりの速度で拠点を削ることが可能。単純に高性能であるため、同系統の装備の中では最も優先度が高い。
  • 弾数は多めだが、2発ずつ発射するため弾が減りやすく、油断していると不意の弾切れに見舞われる可能性がある。

全方位ミサイル(赤/R)

  • 射程やホーミング数に優れた、最新鋭の汎用対小型ゾイド兵器。バーサークフューラーは基本的に索敵距離へ優れているため、遠い間合いからでも小型ゾイドを処理することが出来る。
  • 対小型ゾイド用として使えるウエポンとして、本機には専用装備である荷電粒子砲(BF)が存在する。荷電粒子砲は貫通性能があり、小型ゾイドの後ろにいる別の小型やプレイヤーゾイドを纏めて薙ぎ払うことも可能。さらに、一撃で小型ゾイドを破壊できるが、長い硬直時間とリロードが入り、連射出来ないという欠点がある。そのため、目的に合わせてどちらかを選択する、もしくは併用して対小型ゾイドに特化することも十分に考えられる。

未実装ウエポン

バスタークロー(緑/SR)

  • 背部のバーサークユニットから放たれる、専用の格闘攻撃。
    通常の格闘キットでは威力が低く、さらに移動距離も短いため、バスタークローの長いリーチは頼りになる。多段ヒットによってダウンさせている間に、相手と距離を取るようにしたい。
  • ……前述の通り未実装ウエポンであり、以上の内容は当然ながら妄想である。
    そもそも、本機の専用ウエポンの荷電粒子砲Eシールドパーツは、どちらも他の機体へ先に実装された御下がりであり、現状ではオリジナルの武装が一つも存在しないという状態である。

入手方法

入手方法
ショップにて1200Gで販売

カラーリング

4種類のカラーバリエーションがカラーリングショップにて200Gで購入可能。
購入方法や詳しい内容に関してはショップに記載。


バーサクフューラー バーサクフューラー
バーサクフューラー バーサクフューラー
  • カラー01(
    独特の黒いボディから考えると、漫画『機獣新世紀・ZOIDS』に登場した、レイヴン仕様機がモデルではないかと思われる。
    作中では、オーガノイド「シャドー」が合体したゾイドは色が黒くなるという設定があり、その影響で本機の装甲も変色している。
    また、この機体は後にレイヴンの戦闘スタイルに合わせた強化が行われており、最終的にはバーサークフューラー・シャドーエッジという形で完成している。そのため、発展途上のこの機体を名付けるなら、バーサークフューラー・シャドースタイルと言った所だろうか。
  • カラー02(
    帝国のゾイドには珍しい、鮮やかな青の装甲色。
    おそらく、このカラーリングには共和国のティラノサウルス型ゾイド、凱龍輝が関係しているのではないかと思われる。というのも、凱龍輝はガイロス帝国が共和国に提供したバーサークフューラーの野生体のデータを基にして製作されたという経緯があるのだ。この機体カラーは、その過程で作られたプロトタイプの凱龍輝、バーサークフューラー共和国仕様なのかもしれない。
  • カラー03(
    戦車を思わせるような、ミリタリーなカラーデザイン。
    ノーマル装甲では野外活動に於いて目立ちすぎるため、特に森林地帯で目立たないためのカラーであろう。言うなれば、バーサークフューラー密林戦タイプである。
  • カラー04(
    暗い紫の装甲が目を惹く、ダークヒーローカラー。
    薄く発光する緑色の瞳から、おそらく暗黒軍ゾイドをイメージしたデザインだと思われる。帝国の最新鋭技術に、過去に枯渇したハズの超エネルギー物質のパワーが加わると考えると、背筋が凍る組み合わせであろう。差し詰め、ダークネスフューラーとでも呼称できそうな見た目である。
 


コメント

古い順

新しい順


【更新】 コメントのブロック機能について

最新の20件を表示しています。 すべてのコメントを表示する。

  • No.249 名無し
    衝撃砲の説明にSRに持ち替えるって書いてるけど、衝撃砲Sのことだよね
    2018-03-22 02:02:21 ID: f0a866e6
  • No.250 名無し
    CASでもシュトゥルムじゃブレイカー紛いだしゼネバス来ないかな~
    2018-03-22 21:01:16 ID: 56188a27
  • No.251 名無し
    やらかした…
    EX99の荷電がなんぼなもんか知りたくてレベル上げたらスペックがクソ高くなった…
    2018-03-22 21:39:53 ID: d82daec3
  • No.252 名無し
    >249 その通りです。分かりづらかったので、具体的に書き直しました。ご指摘、ありがとうございます。
    2018-03-22 23:58:05 ID: 7d96c2e1
  • No.253 名無し
    >252
    追記ありがとうございます
    2018-03-23 02:01:51 ID: d2dbce10
  • No.254 名無し
    お勧めには無いけどデュアルスナイパーライフルもいい感じ
    これと左二連衝撃砲Sと荷電でやってるけど対ゾ対拠点対小型万遍なく相手できてなかなか手堅い
    ただ何をやるにも決定力不足だから立ち回りに凄い気を使うなぁ
    2018-03-30 21:54:22 ID: pc 00d6-1015
  • No.255 名無し
    >254 普通に使いやすい、いい武器ですよね。弾速も速いので、逃げる敵を刈り取りやすい。ただ、相手を突き放す追尾ミサイルタイプと違ってバリバリの戦闘系の武器なので、一定の慣れがないと運用が難しい部分はありますね。せっかくなので、追記させて頂きました。一月前くらいまではスカスカだったおススメ武器欄が、結構長くなってきた…。
    2018-03-30 22:33:34 ID: pc 90f3-fc58
  • No.256 名無し
    自分デュアルスナイパーもってなくて検証出来なかったので追記してくれてうれしいです、ありがとうございます
    2018-04-02 01:49:44 ID: pc e003-3471
  • No.257 名無し
    近接戦闘強化形もE N回復量が上がっている模様です
    2018-04-08 03:52:16 ID: an 2228-f88a
  • No.258 名無し
    ウェポン一覧見てたらBF用EシールドがEx99で11.94秒展開は草。12秒も棒立ちになっててどうすんだよ……
    2018-04-08 14:53:49 ID: pc 3ded-a5ba
  • No.259 名無し
    ラス1の拠点守りきれば勝ち!って状態だと美味しいかもね(笑)
    2018-04-08 17:38:19 ID: an 8816-7015
  • No.260 名無し
    動けない攻撃もできない致命的なデメリットあるなら格闘も大型も効かない完全無敵にしてくれよなぁ
    2018-04-09 00:46:40 ID: pc 81f9-e004
  • No.261 名無し
    近接3Lv65HP3857EN1462攻撃477防御350
    2018-04-09 05:30:30 ID: an 7070-1628
  • No.262 名無し
    >261 記入しました。情報、ありがとうございます。
    2018-04-10 10:27:44 ID: pc 2ffb-eb85
  • No.263 名無し
    素でスペックいくつくらいあるの?
    2018-04-13 00:00:39 ID: pc 4820-1659
  • No.264 名無し
    近接強化フューラーにEX上げた50mm砲座搭載したら安定感凄かった
    対拠点能力は落ちるけど対ゾ能力の向上で突破、撃退しやすくなって拠点攻撃時間増えて返っていいかも
    やみくもに連射すると荷電撃ちたい時に撃てなくなるからEN管理にだけ注意したい
    スペックもかなり抑えられるのもありがたい
    2018-04-18 11:15:10 ID: pc 1acc-676a
  • No.265 名無し
    SRのダブルバスターキャノン出たからなんちゃってバスターフューラー出来る。これ1本でロックオンしなくてもも2発撃てるから拠点攻撃に使う装備枠を減らせるかも…
    2018-04-21 21:33:41 ID: pc ef06-94be
  • No.266 名無し
    EN強化型Ⅲ 初期Lv HP:1200 EN:1500 攻撃力:135 防御力:140
    2018-04-22 22:02:30 ID: pc 99fa-dbfc
  • No.267 名無し
    >266 情報ありがとうございます。
    EN強化乗りとは、なかなかの猛者ですな。
    2018-04-22 22:22:16 ID: pc 0b62-fee0
  • No.268 名無し
    >267 いえいえ、俺のEN強化のはサブの方です
    2018-04-23 21:42:08 ID: pc f02f-d361

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!