隠しブレード(アサシンブレード)


隠しブレードは主に暗殺で使用する武器。
これを使うのに2つの機能がある。
低姿勢モードでターゲットに接近し、至近距離から暗殺を行なう
または高姿勢モードで駆け寄って暗殺する

低姿勢モードならターゲットに気づかれることなく行なうことができる。
シンプルに接近して実行ボタンを押すだけ。これで誰からも気づかれないでターゲットを始末できる。
もし乞食がその状況を見ていても気づかれない
ただしいつまでもその場に止まっていると警備員に気づかれるので、その後はすばやくその場を走って離れること。

高姿勢モードの場合は、通常ターゲットに飛びかかってターゲットの首にナイフを突き刺して始末する。
当然近くの市民や警備員に気づかれる。
高姿勢モードの利点は走れることなので、主にターゲットが走っている時に使うことになる。
ターゲットをロックオンして背後に駆け寄り、実行ボタンを押す。

どちらにしろ警備員に気づかれることをあまり気にしないほうがよい
警備員は剣を抜けば隠しブレードで始末することができるようになる。
通常、戦闘中にターゲットを暗殺しようとしている時は警備員は投げをしようとしてくる。

警備員をダウンさせて起き上がる前に隠しブレードで倒すことができる。
壁の近くで戦っている時は、相手をつかんで壁に投げつけ、足元に倒れこんでいる時に倒す、
という戦法を使うことで非常に簡単に出来ます

またカウンターにもダウンさせられるものがあるので効果的。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!