ユニット図鑑(ストーリー)

帝都図書館『ユニット図鑑』

情報募集中

 スクリーンショット投稿等による情報提供をお願いします。

英霊召喚 +

▷ 四聖と光闇の王
▷ 奇縁の六魔導
▷ 勇者の血統
▷ 忍び寄る悪意
▷ 運命なる縁故
▷ バリウラの皇族
▷ バリウラ皇族 帝国の終焉
▷ 異才の勇者たち
▷ 伝承の俊傑たち
▷ 自然界に息衝く力
▷ 特異たる俊英たち
▷ 軍属の英傑たち
▷ 英佐の偉才
▷ 戦禍に生きる意志
▷ 剣姫血風
▷ パルミナの四戦士
▷ 災厄の焔獣
▷ 呪われし炎鎧
▷ レーゼの試作機
▷ 十翼の破壊者
▷ 魔装兵器アベルガルス
▷ 叛逆の六神徒
▷ 初代ランドールガード
▷ フェブラー兄弟と精霊の本
▷ 大神皇神衛使メイリス
▷ 十忌ディスノミア
▷ 義賊ゼルナイトと風の姫君
▼ 穢れし五忍
白炎のリュウゴ 白炎のリュウゴ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
黒霧のキショウ 黒霧のキショウ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
紅樹のイブキ 紅樹のイブキ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
紫雷のレンジ 紫雷のレンジ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
刀渡のソウヤ 刀渡のソウヤ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
無影のジンゲツ 無影のジンゲツ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
▼ 荒境に響く正義
烙烟のマリアーノ 烙烟のマリアーノ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
洸銃姫シーナ 洸銃姫シーナ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
沙銃姫ヴァネッサ 沙銃姫ヴァネッサ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
修道女テレサ 修道女テレサ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
綱毅官ジルベルト 綱毅官ジルベルト
☆3''''
☆4''''
☆5''''
爆砕士カルロ 爆砕士カルロ
☆3''''
☆4''''
☆5''''
▼ イシュグリア先遣隊
剛炎将グリフ 剛炎将グリフ
☆3若き日のリズベットの憧れの人であった。
アクラス召喚院黎明期に活躍した第四魔神討伐隊「クリムゾンクラッド」の隊長。
平民出身の叩き上げの将官であったが、最初の召喚師の圧倒的な強さを目にしたことを機にルシアスの門を通って召喚師となる。優秀な軍人であった彼は当時の召喚院にとって無二の人材であり、人格を買われて召喚老に次ぐ立場となった。後に要職に就く新米たちを率いてアグニ地方の探索に赴いた際には、襲い来る数多の魔獣を討ち取ったという。
☆4アグニ式軍隊スープを再現し、普及に努めた。
アクラス召喚院黎明期に活躍し、数多の召喚師を鍛え上げた第四魔神討伐隊の隊長。
当時の召喚師たちの頼れる兄貴分であり、何でも相談できる存在であった反面、新人を軍隊仕込みの特訓で戦士へと育て上げる鬼教官でもあった。魔討隊の隊長としての活躍を数え上げればきりかなく、召喚院躍進の原動力となった功労者である。なお、彼の象徴とも言うべき赤い鎧は、アグニ地方の冒険の際に発見したものだと記録されている。
☆5独身を貫いたのは戦場で散る覚悟のためだったという。
未知の異界イシュグリアを探索する先遣隊の隊長を任された彼は、選りすぐりの人員を率いて異界への門を潜った。しかし、到着して早々に強大な力を持つ魔神と遭遇する。執拗に戦いを求める魔神を自身に引き付けると、クランツに隊を任せてその場に残ることを選択した。武神そのものとでも形容すべき魔神に手傷を負わせ、驚嘆の声をあげさせたと、かの地の魔神たちの間で語られているが、彼がエルガイアに帰還することはなかった。
翠玲姫リベラ翠玲姫リベラ
☆3家系は由緒正しく、ヴリクシャ公国まで遡る。
アクラス召喚院黎明期に活躍した第八魔神討伐隊「エバーグリーン」の隊長。
皇国貴族の令嬢であり、お飾りとも言えるインベリアルガードに所属していた彼女は、好奇心からルシアスの門へと足を踏み入れ召喚師となった。おっとりとした性格の彼女が実戦に赴くなどということは両親も含め一族の誰もが強く反対したが、彼女は断固とした意志を貫き通し、グリフの特訓を乗り越えて魔討隊の隊長に抜擢されるほどの力を示した。
☆4第八の隊員たちは血判を押して、ある協定を結んでいた。
アクラス召喚院黎明期に活躍し、グランガイアの探索を進めた第八魔神討伐隊の隊長。
彼女は人のために自分ができることは何かを常に考えていたと言われている。世間知らずのお嬢様然とした雰囲気は抜けきらなかったものの、実戦では召喚老ですら納得の活躍を見せ、好戦的な神の支配領域であったヴリクシャ地方の調査を完遂させている。隊員からの信望も篤く、彼らは皆、彼女のためならいつでも命を投げ出す覚悟であったという。
☆5彼女の作る野営食は少し独特だったらしい。
未知の異界、魔神たちの跋扈するイシュグリア調査の先遣隊に抜擢された彼女だったが、隊は現地に到着して早々窮地に次ぐ窮地に見舜われる。クランツとミーファと彼女の3人だけになってしまった先遣隊は、封印を守る者と自称する魔神と遭遇し、圧倒的な力の前に潰走を強いられる。調査情報を持ち帰らせるためにニーファを離脱させた彼女とクランツは魔神に果敢に立ち向かったが、先遣隊の面々は誰一人エルガイアに帰還していない。
聖皚騎クランツ聖皚騎クランツ
☆3第八魔討隊の隊員からなぜか目の敵にされていた。
アクラス召喚院黎明期に活躍し、グランガイアの未開拓領域を数多く踏破した召喚師。
ランドール郊外の一般家庭の出身のため、彼の幼少期の記録は多くない。だが、ルシアスの門を潜り抜け召喚術を習得してからの動向は召喚院に事細かに記録されている。幼馴染である召喚師が彼の言動を逐一記録していたためだ。規格外の才能を有していた彼は次々と功績を挙げ、若くして最高位の使い手として認識されるようになっていった。
☆4副官のアイビーとは幼馴染である。
アクラス召喚院黎明期に活躍した第九魔神討伐隊「ブレイブラスティング」の隊長。
才能を開花させ、魔討隊を任された彼は、リゼリア地方を探索し、かの地の魔獣と魔神を一掃したと伝えられている。ただし、機械の扱いが絶望的に苦手であり、壊した通信機器の数は膨大で、それ故にリゼリアの記録も乏しい。だが、討伐した魔神の数は他の追随を許さず、正式に記録されていないものを除いてすら当時の最多討伐数を記録している。
☆5乙女の想いへの鈍感さをカフカに説教されたらしい。
魔神たちの住処とされる異界ィシュグリアを調査するため結成された先遣隊の一員として同地に足を踏み入れた彼だが、到着早々に魔神に強襲される。隊長グリフは敵の足止めを選び、彼に隊長代理を任せて先を急がせた。しかし、彼らの前には次々と困難が押し寄せる。アイリスとはぐれ、ロアとカフカを失った彼は、強大な力を持つ魔神との戦いの中、ある決断を下すリベラと共に魔神と戦い、ミーファを帰還させるという決断を。

絆召喚 +

▷ 諸国の勇士
▷ 導きし者たち
▷ 孤高の戦士
▼ セルタビア解放義勇軍
赤鉱士バートル 赤鉱士バートル
☆3がさつに見えて意外と繊細。
フィルアーム王国のヴァイザーの生き残り。
元々は鉱夫であったが、親方であり相棒でもあるモルツタと共にアーガスに見出された。ネグレス侵攻の際には民衆を守りながら退去し、人々を鉱山に匿っていたという。若き騎士がフィルアーム城を解放したことで帰還を果たした彼は、復興のための資源を集めるために召喚院から最新の螺旋式掘削機械を供与される。しかし彼は気付いた、掘削機が憎きネグレスと戦う強力な武器になることに。
☆4ドリルの手入れと修理は信頼する相棒にまかせている。
セルタピア解放義勇軍のヴァイザー。
螺旋式掘削機械を手に、彼はフィルアーム西部解放の戦いに臨むと、持ち前の体力と勇気を如何なく発揮して獅子奮迅の活躍を見せたという。しかし、彼の部隊は奇遊軍の巨大木偶人形によって快進撃を止められてしまう。事態を危険視した義勇軍の参謀から出された撤退指示に従い、彼は部隊の後退を行う。そして、執拗に追撃してくる木偶人形を足止めするため、自身が囮となることを決めた。
☆5両の脚にもドリルを取り付けたいと研究中。
両手の掘削機で数々の敵を葬り、フィルアーム西部を解放した新世代の英雄の1人。
足止めなどという生ぬるい気持ちでは味方を守れないと感じた彼は、闘志を燃やして木偶人形に向き直る。疲労が見える彼の勝機は薄いと思われたが、後方から響き渡る歌声に不思議と力が湧きあがり、見事巨大な敵を討ち果たした。後退中であった部隊は勢いを盛り返し、敵主力の側面を突くことに成功する。この動きこそが、勝利の決定打となった。
駆鯨士フリオ 駆鯨士フリオ
☆3普段はだるそうだが、嵐が来ると俄然張り切る。
フィルアーム海軍のヴァイザー。
口を開けば楽して生きたいとのたまうお調子者だが、ネグレス侵攻の際には相棒の鯨カトリーヌと共に必死で戦った。重要な港湾をそ奪われてしまったが、彼の活躍により船団は無事に沖へと逃れることに成功する。補給のために寄港した際に異界の援軍がフィルアーム城を奪還しようとしているという噂を聞くと、余所者にばかり戦わせられるかと発奮。陸戦隊を編成しフィルアーム城へと急いだ。
☆4どれだけ船が揺れても何でも食べる鉄の胃袋を持つ。
セルタピア解放義勇軍のヴァイザー。
フィルアーム城奪還戦に間に合わなかった彼は、未だネグレスの軍勢が残る西部に義勇軍を派遣する提案を行った。召喚院の同意を得ると、生き残ったヴァイザーや戦う意志を持つ人々を率い戦場へ赴いた。中央正面の敵主力を任された陸戦隊は見事敵前衛を蹴散らすが、破獣軍の炎獣が立ち塞がる。灼熱の炎を撒き散らす敵を前に重傷者が続出したため、彼は相棒と共に単独で炎獣に立ち向かった。
☆5船長がだらけていても、船員の規律は最高峰だ。
海軍陸戦隊を率いてフィルアーム西部を解放した新世代の英雄の1人。
彼の得物である錨を叩きこむには炎の雨を掻い潜り敵の懐に潜り込む必要があったが、カトリーヌの献身により炎獣の脳天に“怒り”を叩き込むことに成功。海兵たちは後方から響き渡る歌声に鼓舞され、敵の本体たる黒騎軍へと突撃した。数で負ける彼らは次第に劣勢となるが、バートルの部隊が側面から現れたことで、完全なる勝利を手に入れた。
竜養士リーヴァン 竜養士リーヴァン
☆3物心つく前から動物たちと触れ合ってきた。
ヴァイザーのパートナーとなる動物たちの世話をする心優しき青年。
ネグレスが侵攻を開始した際に動物たちを連れてフィルアーム城を脱出し、交戦を避けて逃げ抜いた。その後、フィルアーム城が解放されたことを知り帰還した彼は、そこでパートナーであるヴァイザーを失った多くの動物たちと出会う。ヴァイザーの多くが討ち死にした事実を知った彼は決意する。彼らの遺志を継いで自ら戦いに赴くことを。
☆4ゴラフは彼が生まれるずっと前から生きている。
セルタピア解放義勇軍のヴァイザー。
彼にはパートナーとなり得る動物たちが沢山いた。そんな彼がフィレアーム西部戦線へと連れて行ったのは、相棒が決まらぬまま高齢となっていた岩蜥蜴のゴラフだった。長年世話をしてくれたリーヴァンに対するゴラフなりの恩返しの気持ちに応えてのことだったという。そんな彼らの前に機鎧軍の高速機動兵器が襲い掛かる。驚異の速度で襲い来る敵を前に、鈍重なゴラフは防戦一方となった。
☆5実は人間用の料理はあまり得意ではない。
ヴァイザーの相棒たちを支え、フィルアーム西部を解放した新世代の英雄の1人。
機動兵器の猛攻を前にしても彼は慌てることなくゴラフに反撃の機会を窺わせた。敵の動きの法則を冷静に見極めていたのだ。勝負は一瞬で決まったという。掛け声に合わせてゴラフが角を突き上げると、敵は宙に橆い、落下してきたところをリ-ヴァンの槍が貫く。後方から響き渡る歌声を背に受けながら、彼らは残りの敵をも討ち果たした。
錬菓士ジェローム 錬菓士ジェローム
☆3彼のお菓子に魅了された人々は老若男女を問わない。
フィルアームで最も有名な菓子職人。
彼の両親はヴァイザーであり、彼にもその素質があったため、父親は幼いころから軍学を教え込み、騎士として育てようとした。しかし、彼には菓子職人になりたいという確固とした夢があり、勉強と訓練の合間を縫って菓子作りを学んだ。そして、両親の反対を押し切って家を飛び出した彼はセルタピアで最も有名な菓子職人となる。だが、初レスの侵攻により彼の店は焼かれてしまった。
☆4お菓子に限らず一度食べたものは完璧に再現できる。
セルタピア解放義勇軍のヴァイザー。
フィルアーム城の解放後、西部に残る敵を討っため義勇軍が結成されると、彼は炊事係として志願。限られた食材で、元気の出る食事を用意していた。ネグレスの氷麗軍が補給線を断つため後方部隊を襲撃した際には、彼が相棒のテオプロと共に撃退している。以降、子供の頃に習得した軍学が人材の乏しい義勇軍を支え、いつの間にか彼は義勇軍の参謀として作戦指揮を行う立場になっていた。
☆5両親とは和解していて新作のお菓子を届けている。
義勇軍の参謀としてフィルアーム西部を解放した新世代の英雄の1人。
義勇軍には戦闘経験のある者が少なかった。そこで彼は海兵を中核に配置し、誰でも理解しやすい中央突破戦術を敢行する。海兵の奮戦はもちろん、両翼の部隊も予想外の戦果を挙げ、2人の歌姫による士気の高まりもあり義勇軍は勝利した彼の作戦が功を奏したわけだが「僕はお菓子を作りながらみんなの相談に乗っただけだよ」と謙遜している。
勇唱士ロビナ 勇唱士ロビナ
☆3練習より本番で更なる実力を発揮する。
歌って踊ることが大好きなヴァイザー。
若き騎士と異界の召喚師たちによってフィルアーム城が解放されたことで帰還を果たした彼女は召喚院からイクスタス製の音響機を譲り受ける歌声を遠くまで届けることが可能なこの機械を手に、相棒のキララ、そして親友のルノと共に、ネグレスと戦う義勇軍に加わった。音響機は武器ではなかったが、彼女たちの歌声は戦場の兵士たちの勇気を掻き立て、本来以上の力を引き出した。
☆4同い年で隣家のルノとは姉妹のように育った。
セルタピア解放義勇軍のヴァイザー。
2人組の歌手が戦況に影響を与えているという事実は敵を驚愕させた。ネグレスの指揮官は魔幻軍の魔力を結集させ、広域魔法によって義勇軍の後衛を一網打尽にしようとした。だが、彼女たちの歌声は絆の力により奇跡を顕現させる。邪なる魔法は絆の歌によって掻き消され、義勇軍は甚大な被害を受けることを免れた。彼女はその時のことを無我夢中で歌っていて覚えていないと語っている。
☆5歌って踊ると疲れるらしく、意外なほど食べる。
歌により味方を鼓霓し続け、フィルアーム西部を解放した新世代の英雄の1人。
2人の歌姫の歌声にはそれだけでも味方を鼓舜するだけの力があった。そこに加えてヴァイザーとしての絆の力が乗ることで、魔法に勝るとも劣らぬ絶大な影響が戦場を覆う。前線の戦士たちは歌声に励まされて勇気を漲らせ、その能力を最大まで発揮する。彼らが故郷と家族を守るための戦いに全身全霊を掛けることができたのは彼女たちの功績だろう。
勇唱士ルノ 勇唱士ルノ
☆3ロビナと2人、丘の上で日が落ちるまで歌っていた。
フィルアーム王国で生まれ育った少女。
若き騎士がフィルアーム城を解放した後、シストという相棒を連れ、ヴァイザーとしての素質のあった彼女は、親友であるロピナに誘われ義勇軍への参加を決める。彼女に渡されたのはイクスタス製の音響機。歌うことで義勇軍全体の士気を高める役割を与えられたのだ。戦場で歌うことに臆してしまった彼女だが、戦士たちが必死に戦う姿を見るうちに自らの魂を燃やすかのように熱唱した。
☆4常に冷静だが、一度熱くなってしまうと止まらない。
セルタピア解放義勇軍のヴァイザー。
彼女とロピナの歌声は、戦いに不慣れな者の多い義勇軍を勇気づけ、高い士気を保たせた。だがそんな義勇軍に闇屍軍の死獣たちが襲い掛かると、恐慌が広がった。すると彼女は周囲が引き留めるのも聞かずに前線に飛び出すと、敵の攻撃が届いてしまうような距離で魂の歌を響かせた。絆のカにより増幅された歌声は生ける屍たちの動きを鈍らせ、義勇軍に活力を与えることになった。
☆5努力する天才、歌と踊り共に完璧にこなす。
絆の歌を鳴り響かせ、フィレアーム西部を解放した新世代の英雄の1人。
2人の歌姫の義勇軍への貢献は絶大である。敵本隊である黒騎軍との決戦においては、彼女たちの歌声に鼓舞された戦士たちが本来の力以上のものを発揮した戦いの終結後、義勇軍の全兵士が彼女たちと共にセレタピアを称える歌を熱唱したという。ネグレスの爪痕の残る同地において、人々は今後もこの歌を胸に、復興を成し遂げるに違いない。

クエストドロップ +

▷ セルタビア
▷ 人々を支えし賢女
▷ 義侠の賊徒

報酬 +

▷ 六英雄
▷ 闘技場の英雄ゼクタサ
▷ アクラス召喚院 召喚師
▷ ネグレス 七魔将
▷ アクラス召喚院 召喚老
▷ 金櫃の賜聖女ナムナ

コラボレーション +

▷ キョウリュウジャー
▷ スター・ウォーズ


情報の提供をよろしくお願いします!!

コメント

古い順

新しい順


【更新】 コメントのブロック機能について

最新の20件を表示しています。 すべてのコメントを表示する。

  • No.1 名無し
    すごいな。。。
    2018-10-15 20:41:37 ID: pc 002b-29b2
  • No.2 名無し
    これぞwikiってもんをまとめようとしてるな…
    2018-10-15 20:54:11 ID: ip cadf-d624
  • No.3 名無し
    図鑑説明は書きこむの面倒なんだよね頭が下がる
    2018-10-15 21:02:31 ID: pc 5b11-29b2
  • No.4 名無し
    読みたかったんだこれ。ありがとう。
    2018-10-15 21:08:17 ID: ip 3e89-2234
  • No.5 名無し
    素晴らしい
    2018-10-15 21:53:16 ID: ip b2fa-2234
  • No.6 名無し
    画像支援しようかと思ったけど貼り付けできなかったので
    バートル、フリオ、ロビナのページに図鑑スクショ投稿しました
    2018-10-15 22:21:19 ID: pc 002b-29b2
  • No.7 名無し
    前作もそうだけど、wikiあってのブレフロ
    いつも利用させて頂いてます
    編集者さんありがとう
    2018-10-24 23:56:52 ID: pc 251e-40eb
  • No.8 名無し
    可能であれば情報提供をお願いしますね
    2018-10-25 00:08:11 ID: pc d533-d7e8

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!