水の時代 - ユニット相関図

書王への書簡 -第247号-

  • 「水の時代」は「火の時代」の後に始まる時代であり、前半の「悪食王の時代」と後半の「水守の時代」とで大きく特徴が異なる。

  • 錬金学を研究していたニコラは、妻と子ども、そして自分の魂の一部を代償として一つの「魂」を生み出した。
    それが妖精クトゥールである。

  • ニコラの友人であるファウストの魂を喰らい体を乗っ取ったクトゥールはニコラを殺害後、村に住む数百に及ぶ村民を残らず喰らい尽くす。

  • その後、ファウストの妹であるメリルが、自身の命を代償にクトゥールを討伐する。

  • 数十年後、生き延び力を蓄えていたクトゥールは美しい姉妹の内、姉の体を乗っ取る。
    そして数万の魂と数千の竜を喰らい、絶大な力を得た。

  • 姉妹の妹であるリヴァイアは、討伐隊を結成しクトゥールを討伐する。
    この際、メアリー以外の生存者はいなかった。

  • クトゥールを封印したメアリーは、その元の体(魂が不安定な状態)をヴェルベットと名付け、「教国」と名付けた封印の地に身を潜めた。

  • 「教国」の中は時が止まっており、その効果を以ってメアリーはクトゥールを押さえ込んでいた。

  • 「教国」はその後、幾人も魔力を持つ人間を連れ去ってきては管理するようになる。
    これは、それほどにクトゥールを束縛するための魔力が必要だからである。

  • クトゥール討伐後、この時代は「水守の時代」と呼ばれるようになる。
    それは、この時代の多くの者達が持っていた「愛する者を守る」という信念に由来する。

  • ルオン大陸とワノクニとの交流はこの時代が最も盛んであった。
    その後、異界神の手によってその交流は断絶される。

  • ゼッターマンと名乗る者の詳細は判明していない。
    あるのは彼を讃えた歌のみである。

  • アポロース家の継承権は、フラウの消息が絶たれてから遠縁の者に引き継がれた。

  • この時代の多くの原書を遺したカルルは、遺作として自身の娘を題材とした「アリスの物語」を書いたが、その原書は失われてしまった。

ユニット相関図
水の時代ユニット相関図
※画像をクリックすると拡大されます。

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!