ストーリー

もくじ


ストーリー解説

ストーリー

本作は、地球より遠く離れた「惑星ゾイド(旧称ゾイド星、惑星Zi、ゾイド・ゾーン)」を舞台とする、金属生命体を改造したサイボーグ戦闘機械獣ゾイド(Zoic Android)」の長く激しい戦いの物語です。

ゾイドの物語自体は1980年代より長きに渡って学年誌・書籍・アニメ等で語られてきましたが、本作は2013年より刊行された「ゾイド コンセプトアート」(以下ゾイドCA)の世界観を踏襲しており、それまでのゾイドの物語とはかなりの相違点があります。

本項では、その相違点についても重要ポイントに的を絞って言及しつつ、ゾイドFORのストーリー・世界観を紹介していきたいと思います。


ゾイドFORのストーリー

深刻な環境破壊と戦乱による生態系壊滅の危機に晒されていた地球人類は、大型宇宙船「ゾイック・ノア」で星間移民を試みるがワープ事故で未知の惑星に墜落し、乗組員達は脱出船でその惑星の各地に散っていった。

脱出艇のひとつ「ゾイック・ラボ」には地球上の生物の遺伝子サンプルが搭載されており、科学者達はその惑星に生息していた原始的な金属生命体に地球生命の遺伝子を注入する実験を行った。

その惑星を第二の地球にする(テラフォーミング)ために…

実験は成功し、ケイ素を主要構成物質とする金属生命体は海から陸へ、そして空へと進出し、それまで磁気嵐吹き荒れる惑星だったその星には新たなる姿を得た生命「ゾイド(Zoic Android)」が満ち溢れるに至った。

やがて人々はゾイドを「戦闘機械獣」へと改造し、「共和国」と「帝国」の陣営に分かれ、果てなき争いを繰り広げ始めた…

・・・・・

「共和国」と「帝国」という二大強国の戦いが続く中、双方の陣営から「便利屋」的に扱われ任務を請け負う傭兵組織もまた存在した。 中でも「フルメタル・エリート・スクワッド(FES、Fullmetal Elite Squad)」は両陣営に強力なパイプラインがあるものと推測され、様々な任務を請け負っていた。

プレイヤーはFESの新人傭兵としてゾイドに乗り、共和国・帝国の垣根を超えた様々な戦いに身を投じる事となる。

ゾイドコンセプトアートのストーリー


(地球からの移民~テラフォーミング~ゾイド誕生までのくだりはFORと同一内容なので割愛します)

惑星ゾイド各地に散った地球人は各地に村落のような生活共同体を形成、野生ゾイドを飼いならして使う「ゾイド使い」が誕生。一方で人々は対肉食ゾイド駆逐メカ「ゾイドバスター」を駆り、野生ゾイドに対抗していた。

時は流れ、墜落したゾイック・ノアの艦首部コンピューターを用いてゾイドを蘇生改造し、ゾイドコアを搭載した「メカ生体」ゾイドが誕生。更に「戦闘機械獣」へと発展し、戦場の主力兵器となる。

やがて人々は、ゾイド使いを主体としたゾイドとの共存共栄を願う人々とゾイドバスター乗りを主体とした支配的な勢力とに分かれての争いを開始。そこに地球から惑星探査船「GⅢ(旧称グローバリーⅢ)」が飛来し、地球由来の新たなるテクノロジーが両陣営の急速な技術加速を引き起こし、戦争は激化の一途を辿る。

GⅢからの技術供給を受けるため両陣営は一旦休戦するも、その間にどちらも国家樹立を宣言。ここに「共和国」「帝国」という二大強国が対立する構図が完成し、泥沼の如き激戦を続ける事となる…


(ゾイドCAではこの後も完全なオリジナル展開で戦いが続き、暗黒軍の参戦もあります。現状では時系列的にFORに関連するストーリーはここまでと思われますので続きの紹介は割愛させて戴きますが、美麗なイラストと濃厚なストーリーは一見の価値があります。興味をお持ちになられた方は書籍で続きをどうぞ。)

考証

ストーリー

本作のストーリーをお読み戴いたゾイド好きの人は、少なからず首を傾げる点があるかと思います。
ヘリックとゼネバスとガイロスの話は?」とか「ゾイド人って元々惑星ゾイドにいたんじゃなかったの?」とか。

本項では、そういった疑問の内重要と思われる点について考証していきたいと思います。

メカ生体ゾイド~ゾイドジェネシスのストーリーとの相違


そもそもゾイドCAそのものが、タカラトミーがゾイドの世界観や歴史を新定義する意図をもって制作されたものでした。後に、「ゾイドオリジナル」展開時にそのストーリーは公式で「正史」と明言され、そしてゾイドオリジナルはゾイドCAの世界観に準拠し展開されました。
(キット4機リリースして打ち切られ放置状態ですが…)

その後リリースされたゲームの内、前作「ゾイド マテリアルハンター」と本作が、このゾイドCAの世界観によって成り立っています。

では、具体的にどこがどう変わったのかについてご紹介します。

ヘリックとゼネバスの兄弟喧嘩ではない


「メカ生体ゾイド」では、ヘリック王国の王家に属するヘリック(後のヘリック共和国大統領)とゼネバス(後のゼネバス帝国皇帝)が、信条の違いや部族間の対立等複雑な要因もあって「ヘリック共和国」「ゼネバス帝国」に国家を分断させて戦う物語でした。

しかし、ゾイドCAでは「ゾイド使い=ゾイドとの共存共栄を望む共和国派」「ゾイドバスター乗り=ゾイドの支配を望む帝国派」という、いわば職業間対立的な構図で共和国・帝国が成り立っている点が大きく異なります。

ゾイドが地球の動物の形をしている理由の説明がある


元々のゾイドでは「遠い別の惑星に生きる金属生命体が、地球の生き物の形をしている」事についての説明はなされていませんでした。80年代の動物型玩具を元にして後付けでストーリーを形成していったので仕方ない事とはいえ、ゾイドCAになってようやくその理由が説明された形になっています。

地球人の物語である


元々のゾイドでは、ゾイドとは異なる身体構造を持つ金属生命体「ゾイド人」が登場します。ゾイド人は地球人と全くの別種族で、地球人とはグローバリーⅢ墜落の時点でファーストコンタクトしていました。

しかしゾイドCAでは、惑星ゾイドに地球型生命体の遺伝子情報をもたらしてゾイドを創造したのも、惑星各地に散って村落や国家を築いたのも地球人によるものとされています。
余談ですが、ゾイック・ノアはワープ事故によって時系列的に「過去の世界」に墜落していますので、後のGⅢ(グローバリーⅢ)墜落時にコンタクトした地球人は「過去の地球人」という事になります。




他にも「どうしてゾイドFORに旧世界観のゾイドが沢山登場してるの?」といった疑問点もあるにはありますが、その辺りは楽しく脳内補完してFORを楽しんでいくのが現状いいかと思います。


本項では、ゾイダーの皆さんからの考証投稿・記事追加を大歓迎します!



コメント

古い順

新しい順


【更新】 コメントのブロック機能について

最新の20件を表示しています。 すべてのコメントを表示する。

  • No.1 ヘリック共和国動物愛護協会
    wiki要望板で予告していました「ストーリー」のページを新規実装しました。考察・考証大歓迎ですm(__)m
    2018-02-08 12:43:16 ID: 21966880
  • No.2 バトスト原理主義穏健派のむかきんやろー
    いつのまにかストーリー…というか世界観説明のページができてる!独断と偏見で勝手に進めるなんてけしからん…ことはないことはないことはないw(GJ!)。個人的に注文をつけるとすれば、サブパ女子の画像は頭が切れない構図の方がいいと思いますよ。カタリナ嬢も膝上までチラリと見えるぐらいの方が… #ローガンは紳士
    2018-02-08 17:36:51 ID: 098d5393
  • No.3 ヘ(ry
    >むかきんさん ありがとうございますw 画像の「切れ」、好みの問題はあると思いますがわざとです。きっちり頭頂部まで構図に収めてしまうより、頭頂部が切れてでも「相手が近くにいる時、人間の視野の関係上見えなくなる頭頂部等を切る」事で親近感を強調する事ができます。カタリナさんは生足アピールですね。はいてるはいてないの一件はどうやらTwitter経由でハフリさんに伝わったようなので、公式訂正+はいてない発言を勝手に期待しています(無茶振り
    2018-02-08 18:30:56 ID: 21966880
  • No.4 むかきんやろー
    わざわざ丁寧な返信どうもです。なんちゃってだけどカメラが好きな人間としては、気になっちゃう構図でしたのでつい注文つけちゃってすいません。いつも画像を用意してくださることを改めて感謝してます。ハフリさんは好きですので頑張って欲しいですね。ま、個人的には、カタリナさんの膝下が見える構図の方が絶対領域の良さがより美し…げふんげふんw
    2018-02-08 21:31:43 ID: 098d5393
  • No.5 ヘ(ry
    実は私もお仕事で写真撮ったりした時期長かった身でして…ただ、見解の違いはあって然るべきだと思います。画像比率とサイズの関係で人物をあまりこじんまりと収めたくなかったんですよね。膝下見せるなら画像比率と構図変えたいとこです。
    2018-02-08 21:55:42 ID: 21966880
  • No.6 名無し
    用語集ページの話の続きみたいになりますが、解説の上の方の旧称のひとつ「ゾイド・ゾーン」は、惑星そのものではなく銀河系上の惑星の位置する領域そのものの話なので、惑星ゾイドとはちょっと異なるのでは思います。公式ファンブック1では「ゾイド星系の第2惑星」が惑星Ziだと書かれていますので、このゾイド星系のことでは…(まあ、独特のCA世界観とバトスト世界観の整合で藪を突いてもしょうがないですがw)
    2018-02-10 19:42:38 ID: 4d4f39d3
  • No.7 ヘ(ry
    >6 ご指摘ありがとうございます。ゾイド・ゾーンについては、そもそもこの名称が実装された当初は「星系」単位の探索モノっぽい感じで世界観が描かれていて、そもそもゾイド星という名称自体が出ていませんでした。そういう意味で、敢えて「物語世界を包み込む世界」の最初の旧称として掲載した次第です。
    2018-02-10 19:52:16 ID: 7dfc4e3b
  • No.8 ヘ(ry
    訂正 「物語世界を包み込む世界」→「物語を包み込む世界」 ですねすみません^^;
    2018-02-10 19:53:24 ID: 7dfc4e3b
  • No.9 6
    Wikipediaを見たら、1983年のキット付属冊子には「ゾイド・ゾーンの惑星ZP01」で、84年の冊子で「ゾイド星」になり、99年からの新世紀シリーズで「惑星Zi」になってました。うーん、ZP01は知らなかった…
    2018-02-10 20:48:20 ID: 4d4f39d3
  • No.10 ヘリック共和国動物愛護協会
    ただ、もうその辺ほんと曖昧なんですよ…ストーリー的なテキストは確かにゾイド・ゾーン探索の話でしたし…加筆自由につき内容をパワーアップするご判断はお任せしますw
    2018-02-10 21:26:02 ID: 7dfc4e3b
  • No.11 名無し
    ゾイド開発初期のトミー、そこまで考えてなかったと思うよ。(真顔)
    2018-02-10 21:33:04 ID: 9b58be30
  • No.12 名無し
    まあぶっちゃけ受け取る側が補完するのも楽しみの一つよね〜〜
    2018-04-30 12:03:37 ID: ip 7924-b2c1

注目ゲームタイトル!!

Wiki編集者募集中!!